21歳以上限定の自動車保険料の相場は?月額いくら?普通車、軽自動車別に解説

 

年齢が21歳になると、自動車保険の運転者年齢条件特約を「21歳以上限定」にすることができます。

運転者年齢条件特約を「21歳以上限定」にすると自動車保険料がかなり安くなるということを耳にしますから、一体どれくらい安くなるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、運転者年齢条件特約を「21歳以上限定」にした場合の自動車保険料の相場についてご紹介しています。

普通自動車、軽自動車と車種ごとにご紹介していますから、参考にしてみてください。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

21歳以上限定の自動車保険料の相場は?

自動車保険料は運転者年齢条件特約を「21歳以上限定」にすることでも大きく変わりますが、その他の補償内容や補償の範囲、契約の対象によっても異なります。

ここでは、簡易見積もりを使い、軽自動車と普通自動車の場合に大体どれくらいの保険料になるのかを概算してみました。

軽自動車はアルト、普通自動車はホンダ ヴィゼル、日産 エクストレイル、それぞれノンフリート等級が「7等級」と「9等級」の場合で見積もりしてみました。

軽自動車の場合

スズキ アルト

・見積もりの基本条件

年齢21歳
免許書の色ブルー
運転者年齢条件特約21歳以上限定
対人賠償・対物賠償無制限

・ノンフリート等級が7等級の場合

車両保険なし車両保険あり
年間走行距離7,000(Km)の場合年間57,000円
(月々4,900円)
年間131,500円
(月々11,100円)
年間走行距離5,000(Km)の場合年間54,600円
(月々4,700円)
年間125,900円
(月々10,600円)

・ノンフリート等級が9等級の場合

車両保険なし車両保険あり
年間走行距離7,000(Km)の場合年間50,200円
(月々4,300円)
年間115,700円
(月々9,800円)
年間走行距離5,000(Km)の場合年間48,000円
(月々4,100円)
年間110,800円
(月々9,400円)

運転者年齢条件特約を「21歳以上限定」にした場合、軽自動車ではノンフリート等級や走行距離といった契約内容により異なりますが、車両保険なしの契約で年間保険料が4.8で~5.7万円、車両保険ありで11~13万円程です。

月額の自動車保険料としては、車両保険なしで4,100~4,900円程度、車両保険ありで9,400~11,000円程度のようです。

普通自動車の場合

ホンダ ヴィゼル 1.5 ハイブリッド 型式:DAA-RU3

(車両料率クラス 対人:4/対物:4/搭乗者:4/車両:5)

・見積もりの基本条件

年齢21歳
免許書の色ブルー
運転者年齢条件特約21歳以上限定
対人賠償・対物賠償無制限

・ノンフリート等級が7等級の場合

車両保険なし車両保険あり
年間走行距離7,000(Km)の場合年間91,000円
(月々7,700円)
年間215,200円
(月々18,100円)
年間走行距離5,000(Km)の場合年間87,100円
(月々7,400円)
年間206,000円
(月々17,300円)

・ノンフリート等級が9等級の場合

車両保険なし車両保険あり
年間走行距離7,000(Km)の場合年間80,100円
(月々6,800円)
年間189,400円
(月々15,900円)
年間走行距離5,000(Km)の場合年間76,600円
(月々6,500円)
年間181,300円
(月々15,300円)

 

日産 エクストレイル 2.0 20S 2列車 型式:DBA-T32

(車両料率クラス 対人:3/対物:5/搭乗者:4/車両:5)

・ノンフリート等級が7等級の場合

車両保険なし車両保険あり
年間走行距離7,000(Km)の場合年間94,100円
(月々8,000円)
年間218,300円
(月々18,300円)
年間走行距離5,000(Km)の場合年間98,600円
(月々8,400円)
年間228,800円
(月々19,200円)

・ノンフリート等級が9等級の場合

車両保険なし車両保険あり
年間走行距離7,000(Km)の場合年間82,800円
(月々7,000円)
年間192,100円
(月々16,200円
年間走行距離5,000(Km)の場合年間86,800円
(月々7,400円)
年間201,300円
(月々16,900円)

普通自動車の自動車保険料は、車の車名・型式によるリスク(車両料率クラス)が加算されるため軽自動車の保険料よりも全体的に割高になっています。

そして、普通自動車の自動車保険料は、同じ補償内容の契約でも車の車名・型式によって異なります。

例えば、上記の見積もりのホンダ ヴィゼルと日産 エクストレイルの場合でも以下のように保険料に差が出ています。

・ホンダ ヴィゼルの場合

車両保険なし車両保険あり
年間保険料7.6~9.1万
(月額6,500~7,700円)
年間保険料18.1~21.5万円程度
(月額15,300~18,100円)

・日産 エクストレイルの場合

車両保険なし車両保険あり
年間保険料8.6~9.4万円
(月額7,000~8,400円)
年間保険料19.2~22.8万円程度
(月額16,900~18,300円)

ホンダ ヴィゼルと日産 エクストレイルの自動車保険料を比べてみると、日産 エクストレイルの方が1.2万円程度高くなっています。

ホンダ ヴィゼルと日産 エクストレイルの見積もりは、車の車名・型式以外はすべて同じ条件で見積もりしたものですから、この2つの車の保険料の差は車両料率クラスによるものになります。

それぞれの車両料率クラスは、ホンダ ヴィゼル(対人:4/対物:4/搭乗者:4/車両:5)、日産 エクストレイル(対人:3/対物:5/搭乗者:4/車両:5)です。

車両料率クラスは事故や盗難リスクを1~9の数字で表し、数字が大きくなるほどにリスクが高いとみなされています。

ホンダ ヴィゼルと日産 エクストレイルの車両料率クラスを比べてみると、日産 エクストレイルの方が5と評価された項目が2つあります。

各リスクの数字を合算するとともに17となり同じですが、日産 エクストレイルの方が数字の大きな項目が多いため保険料が少し高くなっているようです。

このように普通自動車の自動車保険料は車両料率クラスにより変わってきますから、一概にこのくらいの保険料になると言い切れないものです。

しかし、ホンダ ヴィゼルと日産 エクストレイルの簡易見積もりから推測すると、大体、車両保険なしの契約で年間保険料が7.5~9.5万円程度(月額6,300~8,000円程度)、車両保険ありの契約で年間保険料が18~23万円程度(月額15,000~19,000円程度)と考えておくと普通自動車保険の保険料としての相場感は問題がなさそうです。

21歳以上限定の自動車保険料をもっと安くしたいなら

運転者年齢条件特約を21歳以上限定にした場合の自動車保険料の相場を軽自動車の場合と普通自動車の場合でご紹介しましたが、「思ったよりも高いな。」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでご紹介した見積もりは簡易的に見積もりをしたものですから、必ずこの額になるというものではありません。

自動車保険の保険料は、契約する保険会社によって保険料がかなり違います。

一般的に、街中に代理店を設けている代理店型の保険会社の保険料は高く、ネットなどで申込できる通販型(ダイレクト型)の保険会社の保険料の方が安くなる傾向があります。

もし、あなたが自動車保険料をなるべく安くしたいと考えているのなら、通販型(ダイレクト型)の保険会社で見積もりを取り、比べてみてみください。

こうすることで、より安い保険料の保険会社を見つけることができます。

例えば、通販型(ダイレクト型)の保険会社の「そんぽ24」で、軽自動車のアルトで運転者年齢条件特約を21歳以上限定で簡易見積もりをした場合、次のような自動車保険料になります。

そんぽ24での簡易見積もり

・見積もりの基本条件

車種軽自動車 スズキ アルト
年齢21歳
ノンフリート等級9等級
免許書の色ブルー
運転者限定本人限定
運転者年齢条件特約21歳以上限定
年間走行距離4,000~7,999km(Km)
対人賠償・対物賠償無制限

・年間保険料

車両保険なし車両保険あり
年間44,060円年間112,980円

上記の「軽自動車・ノンフリート等級9等級」の場合の見積もりと比べてみると、車両保険なしでは年間6,140円、車両保険ありでは年間2,720円、そんぽ24の方が安くなっています。

このように自動車保険の保険料は、似たような契約条件でもその保険料は契約する保険会社によって異なります

自動車保険料を少しでも安くしたいなら、色々な保険会社から見積もりを取り寄せてぜひ比べてみて下さい。

複数の会社から見積もりを取り寄せるには、自動車保険の一括見積もりを利用すると便利です。

一括見積サイトを利用すれば、個人情報を一度入力するだけで複数の保険会社から見積もりを取り寄せることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の自動車保険を見てみる(無料)

さいごに

自動車保険の保険料は、運転者年齢条件特約を「21歳以上限定」にすることで20歳の時よりも安く抑えることができます。

ここでは21歳以上限定にした場合の大体の相場をご紹介しましたが、これはあくまでも相場です。

自動車保険の保険料は契約する保険会社によって大きく変わりますから、色々な保険会社から見積もりを取り寄せて比較してお得な保険を選んでみて下さいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

運転者年齢条件特約が「21歳以上限定」になると、20歳以下の時よりも自動車保険料の負担は随分と軽減されますね。 これに乗じて、より...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

26歳以上と30/35歳以上限定では自動車保険料の違いっていくらくらいなの?

NO IMAGE

20歳の自動車保険を家族限定にした場合の保険料の相場は?安くなるのはいくら?

NO IMAGE

26歳になったら自動車保険料は下がるの?手続きって何か必要?

NO IMAGE

20歳と21歳では自動車保険料はどのくらい違うの?〇〇円も違ってきます

NO IMAGE

20歳の自動車保険料を安くするコツはある?親名義の保険は利用可能?

NO IMAGE

26歳以上限定の自動車保険料の相場は?月額いくら?普通車、軽自動車別に解説