インターネットで即日加入できる自動車保険ってあるの?

 

自動車を購入したら、自動車保険の始期日が納車日と同日になるよう申込手続きを行うのが基本です。
しかし、自動車保険の契約が遅れてしまい、納車日以降に保険に加入する人もいます。

インターネットで契約できる「ダイレクト型」自動車保険は、保険料が安いのが特徴です。
保険に即日加入したいと考えている人の中にも、ダイレクト型保険を利用したいと考えている人がいるかもしれません。

しかし、ダイレクト型自動車保険に即日加入することはできません。
ダイレクト型自動車保険は、最短でも「翌日0時」からの加入です。

1日単位で加入できる自動車保険も販売されていますが、そうした1日保険を自己所有の車で利用することはできません。
自己所有の車で自動車保険に即日加入したい場合は、担当者が対面で手続きを行う「代理店型」の自動車保険を利用する必要があります。

今回は、自動車保険の即日加入を希望する場合や、ネットの自動車保険に「翌日加入」する場合の注意点について解説します。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

ネット型の自動車保険は「翌日以降」の開始が基本

自動車保険には、ネットや電話で契約する「ダイレクト型」と、担当者が対面で手続きをする「代理店型」の2種類があります。

このうちダイレクト型自動車保険は、補償が開始される「保険始期日」を当日に設定することができません
ダイレクト型は、最短でも保険始期日を「翌日」に設定する必要があります

即日加入ができない主な理由は、保険金詐欺を防ぐためです。
ダイレクト型自動車保険は、担当者が車両を直接確認しないため、即日加入を認めてしまうと事故が起こった後に保険に加入しようとする人がでてくる可能性があります。

1日自動車保険は自己所有の車では契約できない

現在、ネットで手続可能で1日単位で契約できる「1日自動車保険」も販売されています。
そうした自動車保険は、申し込んだ当日から補償を受けることができます。

しかし、1日自動車保険は、「自分や配偶者が所有している車」を対象として契約することができません。
そのため、自分や配偶者が車を所有している場合に自動車保険に即日加入したければ、ネット型ではなく代理店型の自動車保険を利用する必要があります。

他人の車であれば1日自動車保険に即日加入できる

なお、自分や配偶者以外が所有する車であれば、1日自動車保険に即日加入することができます。

納車日に車を移動させる必要がある場合は、子供や親、友人などに運転を頼んで、その日の保険は1日自動車保険を利用するのもひとつの手です。
1日自動車保険は、1日500円から2,000円程度の保険料で契約できます。

代理店型自動車保険は即日加入が可能

自己所有の車の場合は、ネット型の自動車保険に即日加入することができません。
どうしてもその日のうちに保険契約を開始したい場合は、担当者が対面で契約手続きを行う代理店型の自動車保険を利用する必要があります。

代理店型自動車保険であれば、担当者が直接車両を確認できるため、保険金詐欺の恐れがありません。
そのため、代理店型自動車保険は申込当日から保険を開始することができます。

即日加入したい場合は必要書類を忘れずに

代理店型自動車保険に即日加入したい場合は、必要書類を忘れずに持参しましょう。
必要書類が不足していると、手続きを完了できず、保険に即日加入できません。
自動車保険の手続きに必要な書類は、以下の通りです。

・車検証
・免許証
・印章
・現行の自動車保険の保険証券(現在自動車保険に加入している場合)

また、保険の開始には保険料の支払いが必要なため、クレジットカードや現金を用意しておきましょう。

即日加入の場合は開始時刻を確認

自動車保険に即日加入する場合は、保険の開始時刻に十分注意する必要があります。
例えば開始時刻が16:00だった場合、それ以前の15:00などに事故を起こすと、即日加入であっても補償を受けることができません。

代理店型は保険料が高いことに注意

代理店型自動車保険を利用する場合は、保険料がダイレクト型に比べて大幅に高いことに注意する必要があります。
場合にもよりますが、代理店型はダイレクト型と比べて1.5倍から2倍程度の保険料になる場合があります。

そのため、即日加入する必要がない場合は、翌日以降から加入できるダイレクト型自動車保険を利用することをおすすめします。

いったん代理店型の自動車保険に加入しておいて中途解約する手もありますが、保険料を一括払いした場合、中途解約で払い戻される保険料は大幅に減額されます。
自動車保険の中途解約を考えている場合は、保険料の支払方法を月払いにしておきましょう。

ネットの自動車保険に翌日から加入する方法は?

保険加入を急いでいる場合でも、どうしても即日加入する必要がある場合以外は、保険料の安いダイレクト型自動車保険を利用することをおすすめします。
ただし、保険契約しないまま車を運転するのは絶対にやめましょう。

ダイレクト型自動車保険は、最短で翌日から保険を開始することができます。
ダイレクト型保険に翌日加入する際の方法や注意点をご紹介します。

クレジットカードなどの支払方法を選ぶ必要がある

ダイレクト型の自動車保険に加入する際には、車検証などの書類を準備したうえで、「見積もり依頼 → 見積もり確認 → 保険会社に申込 → 保険料の払込」という手続きをとることになります。
こうした手続きを完了させれば、最短で「翌日0時から」補償を受けることができます。
ただし、保険を開始するためには、保険料が支払われたことを保険会社が確認する必要があります。

銀行振込や振込票による支払いでは、振込の確認に時間がかかるため、翌日から補償を受けることができません。
申込の翌日から保険を開始したい場合は、クレジットカードで支払う必要があります。

なお、保険会社の中には、受付番号を取得してコンビニで支払いを行う「スマートコンビニ払」といった支払い方法で翌日加入が可能な会社もあります。

急いでいる場合でも保険会社の比較はしっかりと

保険料を抑えるためには、なるべく多くの保険会社の見積もりを比較することが大切です。
しかし、時間がないとあまり比較をせずに保険会社を決めてしまいがちです。

自動車保険料の算定基準は保険会社によって大きく異なり、保険料は保険会社によって差があります。
また、事故対応やロードサービスなどのサービス内容も保険会社によって違いがあります。

自動車保険の契約は今後1年間にわたって続くものであり、保険料も安いものではありません。
契約を急ぐあまり保険会社の比較を怠ってしまうと、割高な保険料を支払うことにもなりかねません。
保険契約を急いでいる場合であっても、保険料やサービスの比較をしっかりと行うことが大切です。

保険会社の比較には一括見積もりサービスを利用

保険会社を比較する際に利用したいのが、ネットで利用できる「自動車保険の一括見積もりサービス(無料)」です。
一括見積もりサービスは、その名の通り数多くの保険会社の見積もりを一括で比較することができるサービスです。

自動車保険の保険料は、等級・車種・運転者の範囲・年齢条件・特約の付与などのさまざまな要因によって左右されます。
そのため、見積もりをとる際には多くの情報を入力する必要があります。
各保険会社のホームページからも見積もりをとることができますが、1社ずつ情報を入力するのはとても大変で時間がかかります。

一括見積もりサービスを利用すれば、1回の情報入力で多くの保険会社の見積もりを確認することができ、情報入力の手間を大幅に削減することができます。
一括見積もりサービスは、保険契約を急いでいる場合に最適なサービスです。
手数料などもかからず無料で利用できるため、保険会社を選ぶ際には積極的に利用することをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

すぐに加入できて保険料が安い保険会社を調べてみる(無料)

まとめ

ネットで加入するダイレクト型自動車保険は、基本的に即日加入できません。
ダイレクト型自動車保険は、最短で「翌日の0時」から保険を開始できます。

代理店型の自動車保険であれば、即日加入することも可能です。
ただし、代理店型自動車保険は保険料が高額なため、即日加入する理由がなければダイレクト型の利用をおすすめします。

なお、自分や配偶者が所有している車でなければ、ネットで申し込める1日自動車保険の即日加入が可能です。

ダイレクト型自動車保険に翌日加入する場合は、クレジットカードなどの支払方法を選択する必要があります。
また、保険契約を急ぐ場合であっても、より安価でサービスの良い保険会社を選ぶために、複数の保険会社を比較することが大切です。

保険会社を比較する際には、一括見積もりサービスを利用すると、見積もりをとる手間と時間を大幅に削減することができます。
保険契約を急いでいる場合は、便利な一括見積もりサービスを積極的に利用することをおすすめします。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

自動車保険の契約の流れは?見積もりから契約完了までの手続きを解説

NO IMAGE

自動車保険の車両入替の手続きはどのタイミングでしたらいいの?必要書類は?

NO IMAGE

自動車保険の車両入替をする場合の猶予期間って何日?過ぎるとどうなる?

NO IMAGE

自動車保険の再加入はどうしたらいい?手続きや注意点などを解説

NO IMAGE

自動車保険の車両入替は納車当日に手続きすることは可能なの?

NO IMAGE

自動車保険の中断と再開手続きってどうしたらいい?手順を一から解説