自動車保険は満期前に乗り換えはできるの?中途解約しても大丈夫?

 

「自動車保険の乗り換えをしたいけど、満期前でも乗り換えってできるの?」

あなたもこんな風に考えたことはありませんか?

そこで今回は、「満期前の乗り換えが可能かどうか」「満期前に乗り換える際の注意点」などを解説します。

これを読めば、スマートな自動車保険の乗り換え方が身につきます!

自動車保険の満期前でも乗り換えはできる?

車の買い替えなどがあると、そのタイミングで自動車保険の乗り換えをしたいと考えることもあります。

自動車保険に関しては契約期間は1年単位のものが多いですが、その期間中であっても乗り換えはできるものなのでしょうか。

結論からいうと、自動車保険は満期のタイミングでなくても中途解約によって乗り換えることができます。

ですが、自動車保険の満期前の乗り換えには以下のような注意点およびデメリットがあります。

満期前に解約して乗り換える際の注意点・デメリット

短期率の適用で解約返戻金が本来より少なくなる

自動車保険を中途解約した場合は解約返戻金を受け取ることができますが、この解約返戻金は短期率という料率に従って算出されたものになるため、日割り計算が適用される場合よりも受け取る金額が少なくなってしまいます。

等級の進みが遅くなる

通常、無事故で1年過ごし満期を迎えた場合は満期に伴い等級がひとつ上がります。

ですが満期を迎える前に乗り換えた場合、乗り換え先での契約が始まっても等級がひとつ上がりません。

つまり、そのぶんだけ等級の進みが遅くなってしまうというわけです。

保険の空白期間ができないようにしなければならない

中途解約による乗り換えでは、自動車保険の空白期間が発生しないようにすることも重要です。

この問題は、乗り換える前の保険の解約日と乗り換え先の保険始期日(開始日)を同じ日にすることによってクリアできます。

しかし手続きを誤り解約日と始期日にズレが生じると等級の引き継ぎができないことがあります。

そうしますと保険料が大幅に高くなってしまいます。

等級ダウン事故があった場合、その影響が早く出てくる

乗り換え前の自動車保険を契約中に事故を起こし等級ダウンとなり、満期を迎える前に解約手続きを行うと、それをもって等級ダウンとなります。

簡単にいうと、満期のタイミングで自動車保険の乗り換えを行うよりも等級が下がるのが早くなってしまうということです。

満期前の乗り換えは、満期をもっての乗り換えに比べ等級の進みが遅いだけでなく等級が下がるのも早いため、乗り換え先の保険料がよほど安くない限り金額的なメリットはないといえます。

満期前の乗り換えは手続きが面倒になりがち

満期をもって自動車保険を乗り換えるのに比べると、満期前の乗り換えには手続きでの手間が多くなります。

満期前に乗り換えるには、現在契約中の保険会社に対して解約の旨を伝えて解約手続きをしなくてはならないためです。

また上記でも触れたように、自動車保険の解約日と始期日を同じにするように気をつけなくてはならないので、初めて自動車保険を乗り換えるという方は特に面倒に感じるのではないでしょうか。

中途解約でも違約金は発生しない

このように何かと気になる点の多い満期前での自動車保険の解約ですが、中途解約をしても違約金は発生しませんのでその点は心配いりません。

自動車保険の満期前での中途解約ってやっぱりしないほうがいいの?

上記でも「あまりおすすめはしない」と述べた自動車保険の中途解約による乗り換えですが、もちろん中途解約するしないは本人の自由です。

また、以下のようなケースであれば中途解約による乗り換えでメリットが出てくる可能性があります。

満期前に中途解約して乗り換えをしても良いケース

等級の進みを考慮しても保険料の節約につながる場合

自動車保険には代理店型とダイレクト型の2タイプがあります。

同じ契約条件でも、代理店手数料等がないぶん多くの場合はダイレクト型のほうが保険料が安くなります。

このため代理店型からダイレクト型への乗り換えですと、たとえ等級の進みが遅れたとしても、満期前に乗り換えてしまったほうが将来的な保険料の節約につながるという可能性があります。

ただこうしたケースでも、満期を待ってそこで自動車保険を乗り換えるようにしたほうが等級がアップするぶんさらに保険料がお安くなるわけなので、「今乗り換えないと満期のときに面倒になって結局乗り換えしなくなる」というようなケースを除けばやはり満期のタイミングでの乗り換えのほうがメリットがあるといえます。

今の保険会社の対応に不信感がある

事故などがあった際の保険会社の対応に不信感を抱き、少しでも早く保険会社を替えたいというような状況も中にはあるでしょう。

そのような場合は保険の空白期間を作らないようにさえすればその他のデメリットも気になりくいでしょうから、満期前の乗り換えにもメリットを見出すことができます。

中途解約するしないに関わらず心がけておきたいこと

これまでとまったく同じ契約条件でも、ただ自動車保険を替えただけで保険料が安くなることがあります。

しかしせっかく自動車保険の乗り換えを行うのであれば、以下のような部分に着目しながら契約内容を見直すことをおすすめします。

・今の契約内容に無駄はないか、または足りないものはないか。
・使用目的、年間走行距離の設定に問題はないか。
・運転者の条件の設定に問題はないか。

こうして自動車保険の契約内容を細かく見ていくことで、契約内容がより自分や家族のカーライフに合った形になっていきます。

自動車保険の乗り換えなら一括見積もりがおすすめ

「満期前だけど自動車保険を乗り換えるか迷う…」

と悩んでいる方は試しに見積もりを取ってみることをおすすめします。

今契約している自動車保険と比べてどのくらい安くなるのかを確認したうえで判断するといいでしょう。

保険会社により保険料は様々ですのでできるだけ複数の保険会社に見積もりを取るのが安い保険料にするコツになります。

「でも複数の保険会社に見積もりを取るのはめんどくさい…」

という場合には「自動車保険の一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

3分の入力時間で複数の自動車保険会社に見積もりを取ってもらえます。

複数の保険会社に見積もりを取ることで最安値の保険を調べることができます。

今の保険よりも平均して25000円もお得になるというデータもあります

利用料は無料ですので試しに保険料がどれだけ安くなるのかをチェックしてみるといいでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

最後に

保険料の節約や手続きの簡単さといった観点からはあまりおすすめの方法とはいえないのが、満期前の自動車保険の乗り換え。

ですから自動車保険の乗り換えは、よほどの事情がない限りは満期をもって行うのが無難です。

ですが注意点やデメリットを承知のうえでなら満期前の乗り換えも当然ありなので、「今乗り換えないといつまでも乗り換えを先延ばしにしてしまいそう」などとお考えなら、是非満期前でも自動車保険の乗り換えについてご検討されてみてはいかがでしょうか。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

自動車保険が高いので乗り換えたいけど何かデメリットってある?

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えタイミングはいつがいいの?〇〇日にがおすすめ

NO IMAGE

自動車保険を乗り換えたいけど等級も引き継がれるの?

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えに必要な書類って何があるの?

NO IMAGE

自動車保険の乗り換え方法や手続きってどうするの?手順を1から解説します