新車を購入するので自動車保険を乗り換えたいけどどうしたらいいの?

 

新車購入時は、自動車保険の内容を見直す良い機会です。
新車に乗り換えるのと同時に、自動車保険も乗り換えたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ただし、新車購入時に自動車保険を乗り換えると、既存の自動車保険を中途解約することになります。
自動車保険を中途解約すると、払い込んでいた保険料が少ししか戻らなかったり、保険の等級の上昇が遅れたりするデメリットがあります。
新車購入時に既存の保険を中途解約して新しい保険に乗り換える場合は、そうしたデメリットも計算に入れたうえで行う必要があります。

今回は、新車購入時に自動車保険の乗り換えを行うかどうかの判断基準や、新車購入時に既存の保険を中途解約して乗り換える場合の手続き方法などについて解説します。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

新車購入時には「車両入替」を行うのが一般的

「新車を購入したら自動車保険も入りなおす必要がある」と思っている人がいるかもしれませんが、その必要はありません。
新車を購入しても、保険の対象となる車両を変更する「車両入替」の手続きをすれば、現在加入している保険を継続して利用することができます。
新しく車を買い替える場合は、この「車両入替」の手続きをするのが一般的です。

なお、車両入替の手続きを行うと、保険の対象となる車両の型式や車両保険などが変わり、保険料が以前と変化します。
そのため、車両入替の手続きをする際には、保険料の差額を精算する必要があります。

中途解約して自動車保険を乗り換える場合は慎重に判断

自動車保険の満期にあわせて車を買い替える場合は別ですが、新車購入と同時に自動車保険を乗り換えると、多くの場合現行の保険を中途解約することになります。
自動車保険を中途解約すると、戻ってくる保険料が少なくなったり、保険料算定の基準になるノンフリート等級の上昇が遅くなったりするデメリットがあります。

新車購入と同時に自動車保険の乗り換えを行う場合は、保険の乗り換えによって保険料が安くなるメリットと、中途解約によるデメリットをよく比較して、トータルで得をすることを確認したうえで行うことが大切です。

保険を乗り換えても中途解約では十分なメリットを得られないのであれば、当面は乗り換えを行わずに車両入替の手続きをしておき、次回の保険の満期日での乗り換えを検討することをおすすめします。

自動車保険の中途解約にはどんなデメリットがある?

自動車保険を中途解約すると、いくつかのデメリットがあります。
新車購入時に自動車保険もあわせて乗り換える場合は、デメリットについてもしっかりと把握しておく必要があります。

戻ってくる保険料が少ない

自動車保険の保険料を前払いしていた場合、中途解約すると残りの期間の保険料が戻ってきます。
しかし、返金される保険料は、残りの期間の保険料に比べて少なめです。

例えば、残り期間が6ヶ月で解約した場合、当初支払った額の50%が戻ってくると思うかもしれませんが、実際に返金されるのは30%のみです。
この場合、20%の保険料を損する計算になります。

1年契約の自動車保険を中途解約した場合に戻ってくる保険料は、以下の通りです。

7日まで15日まで1ヶ月まで2ヶ月まで3ヶ月まで4ヶ月まで5ヶ月まで
90%85%75%65%55%45%35%
6ヶ月まで7ヶ月まで8ヶ月まで9ヶ月まで10ヶ月まで11ヶ月まで12ヶ月まで
30%25%20%15%10%5%0

自動車保険を中途解約で乗り換える場合は、戻ってくる保険料が少なくなることを計算に入れたうえで行う必要があります。

なお、保険料を月払いしている場合は、翌月以降の保険料を払わなくなるだけなので、中途解約してもこうした払戻保険料に関するデメリットはありません。

等級アップが遅れる

自動車保険は、ノンフリート等級と呼ばれる等級によって保険料が変わります。
自動車保険を中途解約すると、等級のランクアップが遅れてしまい、高めの保険料を支払う期間が長くなるというデメリットがあります。

等級は、1年間無事故であれば等級がひとつ上がります。
しかし、中途解約すると、契約開始から積み上げてきた期間がリセットされ、新たな契約を結んだ時点から1年経過しないとランクが上がりません。

例えば、残り契約期間が残り6ヶ月の状態で中途解約すると、中途解約しなかった場合と比べて等級の上昇が6ヶ月遅れることになります。
等級のアップが遅れれば、保険料の割引が適用される期間もその分遅くなります。

自動車保険を中途解約する際は、こうした等級の遅れによるデメリットを考慮して、それを上回るメリットが得られる場合に限って行うべきです。

なお、保険会社によっては、中途解約してもランクアップの遅れが起こらない「保険期間通算特則」というサービスを提供しているところもあります。
保険期間通算特則は、中途解約で等級算定期間のリセットをせず、前の保険の契約期間とあわせて計算する方法です。
保険期間通算特則を提供している保険会社に乗り換えるのであれば、等級への影響を心配する必要はありません。

中途解約して保険を乗り換えるべきケースは?

自動車保険の中途解約にはデメリットがありますが、乗り換え後の保険料が大幅に安くなり、費用負担がトータルで抑えられるのであれば積極的に行うべきです。
中途解約しても得をしやすいケースには、以下のようなものがあります。

・現在の等級が最高の20等級の場合
・保険料が月払いの場合
・保険期間通算特則が適用される保険会社に乗り換える場合
・乗り換えると新車割引やエコ割引を受けられる場合
・代理店型の保険からダイレクト型の保険に乗り換える場合

以上のような場合は、中途解約のデメリットが少なかったり、保険料が大幅に安くなったりするため、中途解約してもトータルの費用負担が減るケースが多いです。

新車購入時に自動車保険を中途解約して乗り換えるかどうかは、中途解約した場合としなかった場合の費用負担をよく比較したうえで決めることが大切です。

新車購入と同時に自動車保険も乗り換える場合の手続きは?

新車購入と一緒に自動車保険の乗り換えを行う場合は、新しい保険会社と契約を結んだうえで、既存の保険の解約手続きを行う必要があります。
その際には、納車日からしっかりと補償を受けられるよう、納車日と新しい保険の始期日をあわせることが大切です。

手順その1:新車の納車日と車の情報を確認する

まずは購入する車を決めて、納車日と車検証に記載されている車の情報を確認します。
車検証は、車の販売店に連絡してコピーをもらいましょう。

車検証は通常、車両の新規登録手続きが完了した際に陸運局で発行され、納車日に渡されます。
自動車保険は納車日から補償を受けるのが望ましいため、納車日より前に自動車保険の手続きを行うために、販売店からコピーをもらう必要があります。

なお、車検証のコピーが手元にない場合でも、以下の情報を伝えることで自動車保険の申し込みが可能です。

・型式
・車名
・初年度登録年月
・登録番号(ナンバープレート)
・車台番号
・車両所有者
・車両使用者

コピーがなくともこうした情報を販売店から聞いておけば保険の申し込みができますが、間違いを防ぐためにもコピーをもらうのが最善です。

手順その2:新しい保険会社を探して契約する

購入する車の情報と納車日を確認したら、自動車保険の見積もりをとって費用やサービスを比較した後、契約する保険会社を決めましょう。

保険会社の比較には「自動車保険の一括見積もりサービス」の利用が便利

保険会社を比較する際には、ネットの「自動車保険の一括見積もりサービス(無料)」を利用すると、見積もりをとる手間が省けて非常に便利です。

自動車保険の保険料はさまざまな要因によって決まり、見積もりをとる際には数多くの情報を入力する必要があります。
各保険会社のホームページでも見積もりを確認できますが、情報入力には手間がかかるため、多くの保険会社の見積もりを個別に確認するのはとても大変です。

一括見積もりサービスを利用すれば、1回の入力で多くの保険会社の見積もりをとることができます。
一括見積もりサービスは無料で利用できるため、保険会社を探す際には積極的に活用したいサービスです。

詳しくはこちらをどうぞ。

今の保険料より安い保険会社を調べてみる(無料)

自動車保険の契約時に必要なものは?

自動車保険の契約時には、以下のものが必要です。

・新規購入する車両の「車検証」
・主に運転する人の「運転免許証」
・現在契約中の自動車保険の「保険証券」

先述の通り、車検証が手元にない場合は、車の販売店に連絡して車検証のコピーをもらうか車の情報を教えてもらいましょう。

このほか、全労災やJA共済といった自動車共済から乗り換える場合は、共済が発行する「無事故証明書」の提出を求められる場合があります。
また、走行距離に応じて保険料が変化する自動車保険の場合は、「過去1年間の走行距離」の申告が必要な場合もあります。

新契約の始期日は納車日にあわせる

自動車保険は、万が一に備えて納車日から補償を受けられるようにすべきです。
納車日から補償を受けるためには、新しい保険の始期日を納車日と同じ日にする必要があります。
納車日と保険始期日にずれがあると、その間に事故が起こった場合に補償を受けることができません。

なお、保険始期日を迎えても、保険料を支払っていない場合は補償を受けることができません。
万が一の事態に備えるために、保険料の払い込みも納車日以前に必ず済ませておきましょう。

手順その3:現行の自動車保険を解約する

自動車保険の満期日以前に新しい保険に乗り換える場合は、現行の保険会社に連絡して中途解約の手続きをする必要があります。
解約手続きを行わないと、二重に保険料を支払うことになってしまいます。
二重に保険料を支払っていても、事故が起こった際に受け取れるのは1社の保険金だけです。
保険料の無駄を省くためにも、解約手続きは忘れずに行いましょう。

解約日は新しい保険の始期日とあわせる

中途解約する日付は、新しい保険の始期日とあわせるようにします。
新車購入の場合は、納車日と同じ日になるケースが多いでしょう。

基本的に、中途解約しても保険の等級は新しい保険に引き継がれます。
しかし、旧保険の解約日と新保険の始期日に8日以上のずれがあると、等級がリセットされてしまいます。
折角積み上げてきた等級がリセットされないよう、旧保険の解約日と新保険の始期日は同日になるよう注意しましょう。

旧保険と新保険の間があく場合は「中断証明書」を発行してもらう

納車の遅れなどの何らかの理由によって、旧保険の解約日と新保険の始期日に間があいてしまう場合は、旧保険の保険会社に連絡して「中断証明書」を発行してもらいましょう。
中断証明書があれば、旧保険の解約日から10年間等級を引き継ぐ期間を延長できます。

解約手続きは比較的簡単

自動車保険の中途解約手続きは比較的簡単で、保険会社に連絡すると送られてくる書類に必要事項を記入して、保険証券と一緒に返送するだけです。
一括払いしていた保険料は目減りしますが、違約金などはかかりません。

以上が、新車購入時に自動車保険を中途解約して乗り換える場合の手続きの流れです。
中途解約する際には、メリットとデメリットをよく比較したうえで行うことが大切です。
また、手続きの際には、納車日・旧保険の解約日・新保険の始期日がなるべく同日になるよう注意しましょう。

車両入替の手続方法は?

新車購入時に自動車保険の乗り換えを行わない場合は、現行の保険会社に連絡して車両入替の手続きをする必要があります。
自動車保険の中途解約にはデメリットもあるため、新車購入時には車両入替手続きをしておき、保険の乗り換えは次回の満期日に行うケースが多くみられます。

車両入替の手続きの流れは、以下の通りです。

手順1:車の販売店から車検証や車検証のコピーをもらう
手順2:納車日を決める
手順3:保険会社に連絡して車両入替手続きをする
手順4:車両の変更による保険料の差額を精算する

手続き方法は保険会社によって異なり、ネットの会員専用ページで手続きを行えるところもあります。
電話などで連絡した場合は、車検証のコピーなどの必要書類を揃えて保険会社に提出します。

車両入替の手続きをしないまま新しい車を運転すると、事故の際に補償を受けることができません。
そのため、車両入替の手続きは納車前に必ず行うようにしましょう。

まとめ

新車購入時は、自動車保険を見直す良いタイミングです。
ただし、自動車保険を中途解約すると、払い込んでいた保険料が少ししか戻らなかったり、等級の上昇が遅れたりするデメリットがあります。

新車購入時に自動車保険の乗り換えを行う場合は、そうしたデメリットも考慮したうえで、トータルで得をする場合に行うようにしましょう。

中途解約して自動車保険を乗り換える場合は、新しい保険会社と契約した後に、現行の保険会社に解約の連絡をします。
その際には、納車日・旧保険の解約日・新保険の始期日をなるべくあわせるようにしましょう。
そうした日付がずれると、等級の引き継ぎに問題が生じる場合や、無保険の期間ができてしまう場合があります。

新車購入時に自動車保険の乗り換えをする際は、トータルで得をするのか事前によく確認する必要があります。
中途解約では十分なメリットが得られないのであれば、既存の保険会社に連絡して車両入替の手続きをしておき、保険の乗り換えは次回の満期時に行うことをおすすめします。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

自動車保険の乗り換え方法や手続きってどうするの?手順を1から解説します

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えタイミングはいつがいいの?〇〇日にがおすすめ

NO IMAGE

車を買い替える場合、任意保険は解約か車種変更かどちらがおすすめ?

NO IMAGE

自動車保険は満期前に乗り換えはできるの?中途解約しても大丈夫?

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えに必要な書類って何があるの?

NO IMAGE

自動車保険を乗り換えたいけど等級も引き継がれるの?