満期日に自動車保険を乗り換えたいけど流れや手順ってどうしたらいいの?

 

満期日は、自動車保険の乗り換えに最も適したタイミングです。
現行の自動車保険の満期日にあわせて保険を乗り換えたいと考えている人も多いでしょう。
しかし、自動車保険を初めて乗り換える場合や、手続きに慣れていない場合は、不安や疑問に感じることもあります。

「自動車保険の乗り換えは、どんな流れで手続きすればいいの?」

「乗り換え手続きはいつごろ始めるべき?」

「保険会社を変更すると自動車保険の等級はどうなる?」

「乗り換える場合、今の保険会社に連絡する必要はあるの?」

自動車保険の乗り換えを検討している人の中には、以上のような疑問を感じている人が多いのではないでしょうか。

今回は、そんな疑問を解消するために、満期日に自動車保険を乗り換える際の手続きの流れや、注意すべきポイントについて解説します。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

満期日に自動車保険を乗り換える基本手順

まずは、満期日に自動車保険を乗り換える際の手続きの流れをご紹介します。

手順その1:新規契約する保険会社を探す

自動車保険を乗り換えたい場合は、まずは新しい保険会社を探すことから始めましょう。

新しい保険会社が決まっていない状態で現在の保険会社に連絡をすると、保険を更新するよう強く勧誘される場合があります。
また、新規契約する保険会社を探した結果、現在の保険会社よりもお得な保険会社が見つからず、契約を継続するケースも考えられます。
そのため、現在の保険会社に契約を更新しない旨を連絡するのは、基本的に新しい保険会社が決まってからにします。

多くの保険会社は、契約始期日の3ヶ月程度前から申込手続きを受け付けています。
申込手続きが可能になる時期は保険会社によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

時間の余裕をもって乗り換え手続きを行うためにも、現在の保険の満期日の3ヶ月程度前から乗り換え先の保険会社を探し始めることをおすすめします。

手順その2:新規契約に必要な書類を準備する

新規に契約したいお得な保険会社がみつかったら、契約に必要な書類などを準備します。
契約時に必要なものは、以下の通りです。

・契約中の自動車保険の「保険証券」
・自動車保険に加入する車両の「車検証」
・主に運転する人の「運転免許証」
・契約車両の「積算走行距離計(オドメーター)の数値」や「過去1年間の走行距離」

積算走行距離計の数値に関しては、契約に必要ない保険会社もあります。
また、過去1年間の走行距離については、走行距離に応じて保険料が変化するタイプの保険を利用する場合に必要です。

なお、JA共済や全労済といった自動車共済から自動車保険に乗り換える場合には、共済が発行する「無事故証明書」が必要になる場合があります。
どういった書類が必要になるかは保険会社によって少し異なるので、手続きを行う際に保険会社にしっかりと確認しましょう。

「自動車保険の乗り換えをしようと思っているけど、手続きの際にはどんな書類を用意すればいいんだろう?」 自動車保険の手続きが初めてだ...

手順その3:新しい保険会社と契約する

書類が準備できたら、新規契約する保険会社に申し込みを行います。
その際には、満期日での乗り換えであることを明確に伝えましょう。

自動車保険を乗り換える場合は、保険の空白期間をつくらないように、旧保険の満期日と新しい保険の始期日をあわせる必要があります。
手続きのミスを防ぐためにも、満期日の乗り換えであることを保険会社にしっかりと伝えることが大切です。

なお、保険会社の中には、保険始期日よりもある程度早めに申し込むことで割引を受けられる「早期割引サービス」を提供しているところもあります。
割引は数百円程度ですが、割引が受けられるのであれば受けておくべきです。
余裕をもって手続きを行うためにも、早めに申し込むことをおすすめします。

手順その4:現在加入している保険会社に連絡する

自動車保険は1年契約が基本であり、満期日が来れば契約は終了です。
したがって、基本的には自動車保険を乗り換える際に現在加入している保険会社に連絡する必要はありません。

しかし、現行の自動車保険に、満期日を迎えた際に契約を自動で継続する「自動契約特約」がついている場合があります。
自動契約特約がついている場合は、解約しないと保険が自動的に継続されてしまうため、保険会社に解約の連絡をする必要があります。

現行の保険契約に自動契約特約がついているか否かを正確に把握している人は少ないでしょう。
そのため、新しい保険会社との契約が済んだら、現在加入している保険会社に契約を更新しない旨を連絡するようにしましょう。

なお、自動契約特約がついていないことが明確に分かっている場合や、自動契約特約がついていないことをネットの会員専用ページなどで確認できる場合は、現行の保険会社への連絡は不要です。

満期日の自動車保険の乗り換えは、以上の手続きで完了です。
余裕をもって手続きを行うためにも、乗り換え先の保険会社の検討は早めに行うことをおすすめします。

保険会社を変更すると等級はどうなるの?

自動車保険の乗り換えをする際に気になるのが、保険の「等級」です。
等級は運転者の安全度を示す指標であり、等級によって保険料は大きく変動します。

保険会社の乗り換えを満期日に行う場合は、同一の保険会社で自動車保険を更新するのと同様の等級の取り扱いを受けることができます。
つまり、保険契約期間中に事故を起こさず保険を利用していない場合は等級が1つ上がり、事故などで保険金を受け取っていた場合は事故の種類や条件によって等級が下がります。

保険会社の乗り換えを行っても現在の等級は引き継がれるので、安心して乗り換え手続きを行いましょう。

ただし、等級の引継ぎを行うためには、旧契約と新契約の契約期間に間をあけてはいけません。
新契約の保険始期日が旧契約の満期日の翌日から起算して8日目以降になってしまうと、等級の引継ぎができなくなり、等級がリセットされて新規契約する場合と同じ6等級に戻ってしまいます。

詳しくはこちらをどうぞ。

「自動車保険を乗り換えたら、今の等級はリセットされてしまうのだろうか?」 あなたもこんな疑問をお持ちではありませんか? 無事...
「自動車保険を他社へ乗り換えようかな?」 とあなたは考えていませんか? 自動車保険を他社に乗り換えるというのは保険料が安くなったり、...

満期日に自動車保険を乗り換える際の注意点

満期日に自動車保険の乗り換えを行う際に注意しておきたいポイントをご紹介します。

新規契約の始期日を旧契約の満期日にあわせる

旧契約から新契約に7等級以上の等級を引き継ぐためには、旧契約の満期日から7日以内に新契約の始期日を設定する必要があります。
また、旧契約と新契約の間が空いてしまうと、その間は無保険の状態になってしまい、事故が起こった際に補償を受けることができません。

そのため、自動車保険を乗り換える際には、新契約の保険始期日と旧契約の満期日を同日にするのが一般的です。
手続きのミスを防ぐためにも、新規契約する保険会社には保険の乗り換えであることを明確に伝えて、旧保険の満期日に保険が開始されるようしっかりと確認したうえで申し込みましょう。

保険の空白期間が生じる場合は「中断証明書」を取得する

満期日にあわせて車を購入し、その納車が遅れてしまう場合など、何らかの理由で旧保険の満期日と新保険の始期日の間があいてしまう場合があります。

その際には、旧保険の保険会社に連絡して「中断証明書」を発行してもらいましょう。
中断証明書を発行してもらえば、満期日から10年程度まで等級を引き継ぐ期間を延ばすことができます。
なお、中断証明書の発行には、登録事項等証明書や自動車検査証などの書類が必要になる場合があります。

等級は無事故でも1年間に1つしか上がらず、高い等級はひとつの財産ともいえます。
等級がリセットされないよう乗り換え時には十分注意しましょう。

早めに乗り換え先の検討を始める

自動車保険を満期日に乗り換える場合は、余裕をもって手続きを行うためにも、早めに乗り換え先の検討を始めることをおすすめします。
保険契約の受付時期は保険会社によって異なりますが、多くの保険会社が始期日の3ヶ月程度前から受け付けています。
乗り換え先の検討も、3ヶ月程度前から始めるとよいでしょう。

保険会社の中には、保険始期日の45日前や50日前までに保険契約を行うと、500円程度の「早期割引」が受けられるところもあります。
早期割引を行っている保険会社には、「おとなの自動車保険」「チューリッヒ」「イーデザイン損保」があります。
割引額はわずかですが、割引を受けられるのであれば受けておきたいところです。
余裕をもって手続きを行うためにも、早めに乗り換え先の検討を始めることをおすすめします。

旧契約に自動継続特約がある場合は必ず保険会社に連絡する

先述の通り、旧保険に「自動契約特約」がついている場合は、解約手続きを行わないと保険が自動的に更新されてしまいます。
自動契約特約がついている場合は、保険会社に連絡して解約手続きを行う必要があります。

自動契約特約は、「満期日の属する月の前月10日までに契約内容変更や解約などの意思表示がない場合、前契約と同一の条件で自動的に契約が更新される」といった契約内容が一般的です。
そのため、自動契約特約がついている場合は、保険会社への連絡を早めに行う必要があります。

乗り換え手続きは、新しい保険を契約した後に現行の保険会社に連絡する流れが一般的ですが、自動契約による更新日が近い場合は、更新を防ぐために早めに連絡すべきです。
更新日が迫っている場合は、新しい保険会社を探す前に現行の保険会社に連絡して、契約を更新しない旨を伝えるようにしましょう。

事故歴は正直に申告する

自動車保険の等級に関しては、7等級以上の高い等級の引き継ぎは任意ですが、5等級以下の低い等級については強制的に引き継がれます。
また、事故を起こすと一定期間保険料が高くなりますが、その期間も等級と同じく新しい保険会社に引き継がれます。

保険会社は保険契約者に関する情報を各社で共有しており、仮に無事故だと嘘をついたり、低い等級を申告しなかったりしても、保険会社はその嘘をすぐに見破ることができます。
事故歴を隠すことは告知義務違反にあたるため、保険を強制解約されてしまう場合もあります。
事故歴や等級は、正直に申告するようにしましょう。

自動車共済が関係している場合は事前に確認

保険会社から別の保険会社への乗り換えでは、等級の引き継ぎがスムーズに行われます。
しかし、自動車共済から保険会社への乗り換えや、保険会社から自動車共済への乗り換えを行う際には、等級の引き継ぎができなかったり引き継ぎに条件があったりする場合があります。

自動車共済と自動車保険の間での乗り換えを行う場合は、等級が引き継がれるのか事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

お得な乗り換え先を選ぶためには?

満期日に自動車保険の乗り換えを行う場合は、まず新しい保険会社を探すことから始めます。
その際には、ネットの「自動車保険の一括見積もりサービス(無料)」を利用すると、保険料が安いお得な乗り換え先を簡単にみつけることができます。

保険料が安い保険会社をみつけるためには、なるべく多くの保険会社の見積もりを比較することが大切です。
しかし、自動車保険の保険料にはさまざまな要因が関係しており、見積もりをとるためには多くの情報を入力する必要があります。
各保険会社のホームページでも見積もりを確認できますが、数多くの保険会社から個別に見積もりをとるのはとても大変です。

一括見積もりサービスを利用すれば、1回情報を入力するだけで多くの保険会社の見積もりを確認することができます。
情報入力の手間と時間を省くことができるため、保険会社選びがとても簡単になります。
また、一括見積もりサービスは無料で利用できてデメリットもないため、積極的に利用したいサービスです。

自動車保険の乗り換えを考慮している人は、まずは一括見積もりサービスを利用して、どれくらい保険料が安くなるのか確認してみることをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

平均で25000円も安くなった自動車保険の一括見積もりサービスを見てみる(無料)

まとめ

満期日に自動車保険を乗り換える場合は、新しい保険会社を探すことから始めます。
お得な保険会社がみつかったら書類を準備して契約し、その後で現行の保険会社に契約の更新をしない旨を連絡します。

現行の保険に「自動契約特約」がついていない場合は保険会社への連絡は不要ですが、特約がついているのか確認する意味でも、念のため解約の意思を伝えるようにしましょう。

保険会社を乗り換える場合でも、自動車保険の等級は引き継がれます。
ただし、旧契約と新契約の間が空いてしまうと等級がリセットされてしまいます。
保険の空白期間をつくらないためにも、自動車保険の乗り換えを行う際には、旧契約の満期日と新契約の始期日を同じ日にすることが大切です。

保険会社は3ヶ月程度前から保険契約を受け付けているため、乗り換え先の検討も同じく3ヶ月程度前から始めるとよいでしょう。
その際には、「自動車保険の一括見積もりサービス」を利用すると、多くの保険会社の見積もりを簡単に比較することができます。

保険の満期日は、自動車保険の乗り換えを行う最適なタイミングです。
保険料をなるべく安く抑えるために、今よりも保険料が安くなる保険会社がないか、いちど一括見積もりサービスなどで保険料を確認してみることをおすすめします。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

割安な保険料を謳うCMなどを目にすると「他社の自動車保険に乗り換えようかな」と興味が出てくるものですよね。 ですが、いざ自動車保険...
「CMなんかを見ていると自動車保険の保険料はもっと安くできるようだし、自分も自動車保険を乗り換えて保険料を節約したい。でも、デメリットも...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

自動車保険の乗り換え方法や手続きってどうするの?手順を1から解説します

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えタイミングはいつがいいの?〇〇日にがおすすめ

NO IMAGE

新車を購入するので自動車保険を乗り換えたいけどどうしたらいいの?

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えに必要な書類って何があるの?

NO IMAGE

自動車保険が高いので乗り換えたいけど何かデメリットってある?

NO IMAGE

自動車保険を乗り換えたいけど等級も引き継がれるの?