夫婦限定割引で自動車保険が安くなる?どのくらい安くなるの?

自動車保険と一言で言っても、補償の保険内容というのは種類がたくさんあります。

補償の種類だけでなく、割引特典なども自動車保険にはあるのです。

「割引特典って例えばどんなものがあるの?」

「夫婦でしか車を運転しないんだけど、なにか割引はあるの?」

など、自動車保険はどうしても高くなってしまうので割引を利用して、安く抑えたいのが本音なので、その割引特典についての疑問が様々出てきます。

では、今回は割引特典の中でも多くの人が当てはまるであろう、夫婦限定割引とはどのような割引なのか?その他の注意すべきことは?夫婦限定割引を利用するにあたってなどについて紹介していきます。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

夫婦限定割引とは?

そもそも、夫婦限定割引とはどのようなものなのか?というのを知らなくては意味がありません。

まずは夫婦限定割引というのはどのようなものなのか?について紹介していきます。

夫婦限定割引というのは自動車保険の保険適用者を契約者と契約者の配偶者に限定して、割引を受けることができることを言います。

夫婦限定割引以外にも本人限定割引や家族限定割引というのが存在します。

本人限定割引は保険適用の人を契約者のみにして、割引を受けることで家族限定は保険適用の人を家族だけにして割引を受けることを言います。

本人限定にするか?夫婦限定にするか?家族限定にするか?によって、割引率というのは違ってきます。

結婚する前は契約者だけの保証でよかったが結婚して、配偶者も車を使用するというような場合は夫婦限定割引が適用になります。

自動車保険は色々と種類があります。 また、自動車保険は自分のスタイルに合わせて様々なことを設定することができます。 設定の仕方によっ...

夫婦限定割引の注意点

そんな夫婦限定割引ですが、設定するときにはいくつかの注意点があります。

契約する前に注意点をしっかりと確認しておきましょう。

では、紹介していきます。

保険の適用は夫婦のみになる

保険の適用は夫婦のみです。

それ以外の家族や友人が乗って、事故を起こしてしまったとしても保険の適用はされないので対人保険であっても、対物保険であっても、車両保険であっても使用することは出来ません。

夫婦のどちらかが運転中に事故してしまった場合は保険適用になりますがそれ以外はならないので注意が必要です。

車を安易に他人に貸せない

契約車は上記でも紹介したように夫婦限定に設定されています。

なので、友人などに車を貸して事故を起こしてしまっても保険は使用することが出来ません。

その友人が他車補償保険などに加入していない場合であれば、事故をして発生してしまったお金が全額実費になってしまいます。

友人に車を貸すなどという場合は注意するようにしましょう。

このように夫婦限定は注意点があります。

いくら夫婦限定割引で保険料が安くなるからと言っても、安くなるには条件がついてきます。

友人や家族などに車を貸す機会が全くないという人ならいいのですが貸す機会あるというような場合は注意が必要です。

夫婦限定割引はどこからどこまで?

夫婦限定割引はどこからどこまで適用されるのか?というのが気になりますよね。

近年、夫婦と言っても様々な形の夫婦が増えてきました。

なので、自分たち夫婦はこの夫婦限定割引に当てはまるの?と疑問に思ってしまうこともあるでしょう。

では、色々な夫婦の形でそのような場合は適用になるのか?どのような場合で適用にならないのか?について紹介していきます。

別居している夫婦でも夫婦限定は可能か?

まずは別居中の夫婦についてです。

別居中であれば、夫婦とはとらえてもらえないのでは?

夫婦ではなく、他人という扱いになってしまうのでは?

と思ってしまうかもしれませんが実は夫婦として見てもらうことが出来るのです。

しかし、別居中の夫婦で保険を適用してもらうというのはいくつか条件があります。

・同世帯であること

・離婚協議中で妻がすでに別の男性と暮らしていないこと

この2つが条件です。

自動車保険というのは「同世帯」であることというのが絶対条件です。

なので、戸籍上同じ戸籍にいれば、別居していても夫婦と見てもらうことができます。

しかし!妻と離婚協議中で妻が他の男性と一緒に暮らしている場合は話が違ってきます。

それは戸籍が同じであってもです。

戸籍が同じであっても、すでに他の男性と住んでいるのであれば、その男性と家族関係にあるとみられるため、夫婦としては見てもらえなくなるのです。

この条件2つに当てはまっているのか?を確認して、自分たちは別居中でも夫婦関係が成り立つのか?というのよく、考えてみましょう。

内縁の夫婦の場合はどうなるのか?

今は内縁関係というのが増えつつあります。

内縁関係というのは婚姻届けは提出していないが、一緒に暮らしており、生計が同じで両者が内縁関係を認めている場合の状況のことを言います。

実は内縁関係というのは線引きが難しく、

・住所が同じ場合

・生計が同じというのを証明できる場合

・周りも内縁関係だと知っている場合

など内縁関係においても条件があります。

しかし、内縁関係であるということが証明できれば、夫婦限定割引というのは使用することができるのです。

上記でも少し、触れましたが「同世帯」であるということが証明できたらそれでいいのです。

なので、先ほど紹介した3つの条件が証明されたら、夫婦限定割引が使用することが出来るのです。

このように夫婦と言っても、様々な形がありますがその形に合わせて自動車保険もどんどんと形を変えつつあります。

この場合は夫婦限定割引適用になるのか?など自分の生活を見直す機会でもあります。

夫婦限定の割引率は?

夫婦限定は割引になる!というのは紹介しましたがみなさんが一番気になるのがどのくらいの割引率なのか?ということですよね。

夫婦限定を付けた場合と夫婦限定をつけない場合の保険料を紹介していくとともに、その割引率について紹介していきます。

まずは割引率ですが夫婦限定を付けた場合の割引率は保険会社によっても違うのですが基本的に7~8%が多いです。

例えば、夫婦限定をつけていない時の保険料が50000円だとします。

夫婦限定を付けることになりました。

割引率7%である場合、50000×0.07=3500円なので、保険料が3500円も安くなることになります。

50000円の支払いを今までしていたのが46500円の支払いで良くなるのです。

3500円浮かすことができれば、それを貯金しておいて新車を購入したりなんてことも可能ですね。

夫婦限定以外に保険料を安くする方法

夫婦限定以外に保険料を安くする方法はないのか?

割引率7~8%だと足りない!

と満足していない人もいるのではないでしょうか?

そんな場合にさらに保険料を安くする方法について紹介していきます。

年齢制限を付ける

年齢限定を付けるということです。

夫婦限定などの限定とは別に年齢限定というのも存在します。

夫婦限定は運転者の立場から保険の適用者を決定していましたが年齢限定というのは年齢から保険の適用者を限定することが出来るのです。

その年齢限定というのも年齢が決まっていて、

・21歳以上の年齢限定
・26歳以上の年齢限定
・35歳以上の年齢限定

この3つがあります。

保険会社によっては35歳以上ではなく、30歳以上というところもあります。

例えば、27歳の人であれば、26歳以上の年齢限定を付けることができます。

また、結婚している場合は夫婦限定を付けることができるのです。

しかし、奥さんが25歳であれば、26歳以上の年齢限定を付けることは出来ません。

21歳以上の年齢条件が適用になります。

若い人の年齢に合わせるということが条件になります。

年齢条件は21歳以上なのか?26歳以上なのか?35歳以上なのか?によって、割引率が違ってきます。

年齢条件が上がっていくと割引率も上がってきます。

夫婦限定と年齢条件は一緒に設定することができるのでW割引をすると、夫婦限定割引よりも高い割引率になり、保険料も安くなること間違いなしです。

保険料や保険会社を見直ししてみる

もう1つの方法としては保険料や保険会社の見直しです。

今の保険料は高くないですか?

他の保険会社で今と同じ条件にした場合、保険料はいくらなのか?というのが気になりませんか?

そんな時は保険料や保険会社の見直しをしましょう。

保険料や保険会社の見直しをすることによって、今よりも安い保険を見つけることができますし、その見つけた保険に夫婦限定割引をつければ今よりも安い保険料で加入することができます。

見直しと言っても簡単なものではないので「自動車保険一括見積もりサイト(無料)」というのを利用してみましょう。

この自動車保険一括見積もりサイトを使えば、条件入力→見積もり結果→比較、検討の3ステップで安い保険料で契約することが出来るんです。

また、「少し保険料が高いのでは?もっと安くできないの?」

と思う人がいるかもしれませんが安心してください!

この自動車一括見積もりサイトであれば、見積もりの際に保険会社に直接、値段交渉が出来るのです。

もちろん、夫婦限定も設定することができるので割引もとことん出来ます。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を試しに調べてみる(無料)

まとめ

割引特典の中でも多くの人が当てはまるであろう、夫婦限定割引とはどのような割引なのか?その他の注意すべきことは?夫婦限定割引を利用するにあたってなどについて紹介してきました。

夫婦限定割引というのは運転者限定を夫婦限定に設定することによって、受けられる割引のことです。

夫婦限定を設定してしまうと、保険の適用になるのが契約者と契約者の配偶者にはなりますがその分7~8%の割引を受けることが出来ます

7~8%の割引というのはかなり大きなものです。

また、さらにそれ以上保険料を安くしたいというのであれば、年齢限定を設定して、保険適用になる年齢を決めてしまい、割引を受けるという方法もあります。

それだけでなく、保険料や保険会社の見直しを自動車保険一括サイトでして、見積もりの保険料交渉をするというのも保険料を安くする1つの手段です。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

地方の方では車を一人につき、1台持つというのは当たりまえのことですよね。 車がなくてはどこへも行けないという人もいます。 なので、夫...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

夫婦で車を2台持ちの場合、自動車保険はどうしたらお得になる?

NO IMAGE

ノンフリート多数割引のメリット、デメリットは?割引率はどのくらい?

ミニフリート契約のメリットデメリットは?割引率はどのくらいなの?