自動車保険のダイレクト型(通販型)と代理店型の違いとは?メリット・デメリットは何?

 

自動車保険にはダイレクト型(通販型)と代理店型がありますが、どのような違いがあるのか、メリットデメリットは何なのかご存知ですか?
これらの自動車保険についてしっかりと理解し、二つの保険を比較・検討してみることで、保険の満足度が高いまま、保険料を下げられる可能性があるのです。
ここでは、ダイレクト型(通販型)と代理店型の自動車保険の特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

自動車保険のダイレクト型(通販型)とは?どんな特徴があるの?

自動車保険のダイレクト型(通販型)とは、インターネットや電話で契約することができる自動車保険のことです。
契約するときに代理店や人をはさまず、契約者と保険会社が直接契約を結ぶことができます。

人件費や販売手数料などの中間コストがかからないので、保険料が安くなっているのがメリットです。

また、代理店に行ったり、担当者と会って相談する手間がなく「インターネットや電話で、いつでも好きなときに保険内容を検討したり、申し込んだりすることができる」という手軽さも魅力です。

保険料を少しでも安くして、家計のやりくりを楽にしたい、出費をできるだけ抑えたいという人に、このダイレクト型(通販型)の自動車保険は支持されており、急速にシェアを伸ばしています。

現在では、ダイレクト型(通販型)保険を販売している保険会社は数十社にのぼっており、様々な種類の中から、自分に合った保険商品を選べるようになっています。

自動車保険の代理店型とは?どんな特徴があるの?

自動社保険の代理店型とは、保険会社に変わって保険加入受付などを行ってくれる「代理店」で契約を行う自動車保険のことを言います。

自動車保険は、保険商品の開発やPR、保険金の運用や準備などを「保険会社本体」が行い、保険に関する個別の相談や契約手続きなどは「代理店」が行うという仕組みが昔からあります。そして、それが今でも続いており、代理店型の自動車保険を契約する人が多くなっています。

最近は、ダイレクト型(通販型)自動車保険の人気が高くなってきていますが、

・ダイレクト型(通販型)保険が安いということを知らない人が多い
・保険の比較・相談をする人がまだまだ少なく、毎年なんとなく自動車保険を継続している
・手間がかかるので、契約手続きをすべてやってほしいと考える人も多い

などの理由から、依然として代理店型の保険のシェアの方が高くなっています。

代理店は、

・プロ代理店
・兼業代理店

の二つに分けることができます。

プロ代理店は、最近では、契約者が色々な保険を比較して選びやすいように、特定の一社ではなく、複数の保険会社の商品を取り扱うようになってきています。

また、自動車ディーラーや自動車修理工場が兼業代理店として保険販売を始めるケースも増えています。

あたらしく車を買ったり、車検を受けたときには店舗に出向く際に、ついでに自動車保険を新しく契約したり乗り換えができるので、契約者にとっても手間や時間が省けるというメリットがあります。

ただし、自動車保険の知識に関しては、やはりプロ代理店の方が詳しいので、自分に合った自動車保険をじっくりと相談しながら決めたいという人は、兼業代理店よりもプロ代理店を利用した方が良いでしょう。

自動車保険のダイレクト型(通販型)と代理店型の手続きの違いを比較

自動車保険のダイレクト型(通販型)と代理店型の手続きの違いを比較すると、下図のようになっています。

ダイレクト型(通販型)では、すべての手続きを自分で行う必要がありますが、見積もりから契約まで、すべてインターネットや電話で行うことができます。

自分の都合の良い時間に、24時間いつでも申し込みができるという点がメリットです。

ダイレクト型の自動車保険

取り扱い商品インターネットで加入できる自動車保険
ダイレクト型ならではのネット割引がある自動車保険
見積もりメールや電話
相談メールや電話
申し込み手続きインターネットや郵送

代理店型の自動車保険は、店舗で担当者と対面で相談や契約をすることができるので、プロのアドバイスを受けながら自分に合った自動車保険を選ぶことができます。また、契約の手続きはほとんど担当者が代理で行ってくれるので、手間がかかりません。
ただし、その分保険料が高めに設定されています。

代理店型自動車保険

取り扱い商品対面販売の自動車保険
生命保険なども扱っている場合がある
見積もり担当者と対面
相談担当者と対面
申し込み手続き担当者がほとんどの手続きを代行してくれる

このように、ダイレクト型(通販型)と代理店型には、見積もりや契約方法に大きな違いがあります。

・手間がかからず、担当者にすべて任せられるのは代理型保険
・手間はかかるが、自分の都合に合わせて見積もりから契約まで行うことができ、保険料も安いのがダイレクト型(通販型)保険

であるということができるでしょう。

自動車保険のダイレクト型(通販型)の保険料が安い理由は?

自動車保険のダイレクト型(通販型)の保険料はかなり安いため、「どうしてそんなに安くなるのだろう」と疑問に思う人もいるかもしれません。

自動車保険の保険料の内訳はこのようになっており、ダイレクト型(通販型)では、代理店への手数料や店舗維持費がかからないことが特徴です。

代理店型ダイレクト型(通販型)
保険料の原価保険料の原価
代理店への手数料
人件費人件費
店舗維持費
広告費広告費
利益利益

代理店への保険手数料は、一般的には15~25%にもなり、かなり大きな金額になります。ダイレクト型(通販型)では、この代理店手数料や店舗維持費をカットできることになりますので、保険料を安く抑えることができるのです。

自動車保険の代理店型(通販型)とダイレクト型のメリット・デメリットを比較

自動車保険のダイレクト型(通販型)と代理店型には、それぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合った自動車保険を選ぶことが大切です。

ダイレクト型(通販型)のメリットとデメリット

ダイレクト型(通販型)のメリットは、やはり保険料が安いことでしょう。また、代理店への手数料や店舗維持費がかからず、その分のお金をサービス等にまわしているため、ロードサービスの充実度が高いことも特徴です。

仕事などで忙しく、代理店に足を運ぶ時間がない人でも、ダイレクト型(通販型)では24時間、好きな時間に好きな場所で見積もりから契約までを行えることも魅力です。

デメリットは、補償内容の選択から契約まで、すべて自分で行わなければならないこと。ただ、コールセンターのレベルが高く、すべて相談することができるので、補償内容から疑問点、不安な点までを解消し、納得して申し込むことができます。

ダイレクト型(通販型)自動車保険
メリット
保険料が安い店舗運営コストや人件費がかからないので、保険料が安い
都合の良い時間に契約自宅など自分の好きな場所で、24時間契約できる
手続きが簡単インターネット操作で簡単に契約できる
コールセンターが充実疑問点はコールセンターに相談することができる
コールセンターのレベルが高いので安心して相談できる
サービスが充実代理店型と同等のサービス(事故対応やロードサービスなど)を受けられる
デメリット
自分ですべて行わなければならないわからないことは、コールセンターなどを通じて自分で解決する必要がある
補償内容なども自分で選択するので、自動車保険に対してある程度の知識が必要
見積もりできない場合がある改造車など、標準仕様から大きく外れている場合は、見積もりや加入ができない場合がある

代理店型のメリット・デメリット

代理店型のメリットは、担当者と対面で色々相談できるということです。疑問点の解消はもちろんのこと、どのような補償内容にしたら良いかなど、プロのアドバイスをもらうこともできます。

契約手続きも、すべて担当者が行ってくれますので、面倒な手間がかかりません。担当者と相談の上、保険の内容を決めてしまえば、あとはお任せできます。

また、自動車販売店が自動車保険の代理店の場合、自動車の購入と同時に保険の契約も行うことができる場合があります。車の購入のついでに自動車保険の手続きを同時に済ませられるので、時間や手間が省けるところがメリットとなっています。

代理店型自動車保険
メリット
対面で相談できる担当者と直接会って相談するので、アドバイスをもらうことができる
車の購入と同時に申し込みが可能車の販売店が保険の代理店になっていることも多く、車の購入と同時に自動車保険の申し込みが可能な場合もある
契約を代行してくれる契約手続きは担当者が行ってくれるため手間がかからない
デメリット
保険料が割高ダイレクト型(通販型)に比べると保険料が高い

自動車保険のダイレクト型(通販型)は、事故対応の満足度も高い

自動車保険のダイレクト型(通販型)は保険料が安く抑えられているため、「事故を起こしたときの対応が、代理店型に劣るのではないか」と不安に思う人もいるかもしれませんが、事故対応はきちんと行ってくれます。

ダイレクト型(通販型)の保険料が安い理由は、人件費や店舗コストなどの「経費」がかからないためです。サービス内容の質を落として保険料を安くしているわけではありませんので、安心して契約することができます。

事故を起こした場合は、契約した保険会社の「事故受け付けセンター」に電話をすれば、初期対応から示談成立まで迅速に交渉してくれますので、サービス面では問題ありません。

自動車保険のダイレクト型(通販型)に乗り換えるメリットがある人は?

自動車保険において、走行距離が短い人は、ダイレクト型(通販型)に乗り換えることで保険料が安くなる場合が多いようです。

ダイレクト型(通販型)自動車保険は、リスク細分型保険と言われており、走行距離や年齢、使用目的などによって細かく保険料が決められています。

その中でも、走行距離が重要です。あるデータ分析によると、走行距離と事故発生率には因果関係があることがわかっており、走行距離が長い人ほど事故発生率が高く、走行距離が短い人の事故発生率は少ないとのこと。

このことから、走行距離が短い人は、リスクが低い人ということで、ダイレクト型(通販型)では保険料がかなり安く設定されています。

走行距離が短い人の目安は「年間走行距離が5,000km未満の人」のことを言います。

ダイレクト型(通販型)自動車保険は、どのような人でも保険料が下がる可能性がありますが、特に年間走行距離が5,000km以下の人は、ダイレクト型(通販型)自動車保険に乗り換えることで、保険料が下がることが期待できます

ダイレクト型(通販型)自動車保険が割高になる可能性がある人は?

ダイレクト型(通販型)の自動車保険にすることで、逆に保険料が高くなってしまう人はいるのでしょうか。

一般的にリスクが高いと考えられている「高齢者」や「免許を取り立ての若い人」「過去に事故を起こした人」の場合、保険料が安くならない場合もあります。

また、走行距離が長い人や、業務利用がある人も、安くならない場合があるようです。

しかし、自動車保険の条件は、走行距離以外にも、年齢など多くの要素がありますので、保険料が安くなる可能性ももちろんあります。

まずはどれくらいの保険料になるのか、自動車保険の一括見積もりで比較してみることをおすすめします。

自動車保険料を安くするには、自動車保険のダイレクト型が効果的

今まで「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の二つの商品の特徴を比較してきましたが、自動車保険料を安くおさえるには、やはりダイレクト型(通販型)自動車保険の方が、メリットがあるといえます。

月々5千円以上保険料が安くなったという人も多く、代理店型と比較、検討してみる価値はあると言えるでしょう。

月々5千円であれば、半年で3万円、一年で6万円、十年で60万円のコストを減らせることになります。若い年代の人だと、あと30年、40年車に乗る人も多いでしょう。このような長い期間を考えると、月々数千円安くできれば、将来の大きなコストダウンにつながるのです。

今は、たった3分必要事項を入力するだけで、複数の保険会社に一括見積もりできる便利なサービスがあります。

実際に保険の乗り換えを検討している人も、「どれくらい安くなるのかな」と興味がある人も、まずは一括見積もりを行い、色々な保険会社の保険料を見比べてみることをおすすめします。

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

自動車保険を乗り換えるときに注意すべき3つのポイント

自動車保険の一括見積もりをして、「乗り換えたいな」という自動車保険が見つかったときには、今契約している保険の「解約」と、新しい保険の「契約」の手続きを行いますが、このときに注意すべきポイントが3つあります。

保険料を安くするために、前向きな判断で乗り換える人が多いと思いますが、手続きに漏れがあると大変です。

手続きをする際には、これらのポイントだけしっかりと覚えておけば、安心して自動車保険の乗り換えをおこなうことができます。

保険の空白期間がないように契約日を調整する

自動車保険を乗り換える場合、解約日と契約日の間が空かないように、つまり、空白期間を作らないようにすることが大切です。

万が一、空白期間の間に事故を起こしてしまったら、保険は自賠責保険のみになってしまい、車両の損害や運転手のケガなどは補償がないという状態になってしまう可能性があります。

そのようなことが起こらないように「解約日」や「新しい自動車保険の契約日」は同じ日にするようにしましょう。

解約返戻金をきちんと受け取る

保険料を年払いや半年払いで支払っている人は、解約返戻金を受け取ることができます。残りの契約期間と保険会社が定めた計算方法を用いて、返還される金額が決まります。きちんと受け取れたかを確認できるように、この解約返礼金がいつ、どの口座に振り込まれるのかをしっかりと覚えておくようにしましょう。

等級を引き継ぎ、損がないようにする

自動車保険を乗り換えるときには、「保険期間通算特則」を利用すると、等級をそのまま引き継ぐことができます。

この特則を利用するには条件があり

・旧保険の解約日と新保険の保険開始日が同日になっている

ことが必要です。

ダイレクト型(通販型)保険を新たに契約する場合、契約日は自分で設定することができますが、以前の保険を解約する日付は、代理店型を利用していた場合は、担当者にお願いしておく必要があります。
できれば、解約証明書を発行してもらうと、頼んだ解約日にしっかりと解約してもらえるので安心です。

さいごに

自動車保険では、ダイレクト型(通販型)と代理店型の二つがあり、それぞれメリットやデメリットがあります。保険料を安く抑えたいという人もいれば、担当者についてもらって、事あるごとに相談できたり、手続きをしてもらう方が良いという人もいます。
二つの保険の特徴をしっかりと理解し、自分の考え方やライフスタイルに合った自動車保険を選ぶようにしたいですね。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

ソニー損保とSBI損保保険でどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

チューリッヒとソニー損保ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

チューリッヒとアクサダイレクトでどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

アクサダイレクトとソニー損保ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

チューリッヒとSBI損害保険ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

三井ダイレクト損害保険とそんぽ24ではどちらの自動車保険がおすすめ?