自動車保険を乗り換えたいけど等級も引き継がれるの?

 

「自動車保険を乗り換えたら、今の等級はリセットされてしまうのだろうか?」

あなたもこんな疑問をお持ちではありませんか?

無事故を続け、せっかく等級による割引率が高くなったのに、自動車保険を乗り換えることでそれがリセットされるようだと困ってしまいますよね。

そこで今回は、「自動車保険の乗り換えと等級の引き継ぎ」や「乗り換え時の注意点」について解説していきます。

これを読めば、乗り換えや等級の引き継ぎに対する不安や疑問がきっと解消されますよ!

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

自動車保険を乗り換えても等級は引き継がれるのか

結論からいうと、自動車保険を乗り換えてもそれまでの等級は引き継ぐことができます。

6等級にリセットされるということはないため、安心して自動車保険の乗り換えをしていただけます。

ただ自動車保険の乗り換えにあたって等級を引き継ぐには、いくつか注意しておくべきことがあります。

満期日を○日過ぎると等級がリセットされる

自動車保険の乗り換えは、前契約の満期日を新契約の保険始期日とするのが基本です。

ですが、たとえ満期日を過ぎてからでも満期日の翌日から数えて7日以内に契約を結べば、等級を引き継ぐことが可能です。

しかし、これが1日でも過ぎると等級は引き継ぐことができなくなります。

仮に20等級だったとしても、上記のようなことが起きれば6等級からのスタートとなるため、これは保険料節約の観点からは大きな痛手となってしまいます。

また、たとえ等級を引き継げたとしても満期日を過ぎてからの契約ですと「無保険期間」が生じてしまいますので自動車保険の乗り換えをする際には満期日を忘れないように注意しましょう。

事故による割増等級は消えない

満期日の翌日から数えて7日以内に新契約を結ばなければ等級がリセットされると聞くと、事故によって等級が割増になっている場合には「それもリセットされるのでは?」と考えてしまうかもしれません。

しかしながら、実際は割増等級はリセットされません。

割増等級は13ヶ月もの間、履歴として残ります。

満期日から13ヶ月を過ぎて再契約すると等級がリセットされますが、その間は自賠責保険でのみ車に乗ることとなりますのでオススメできません。

一部の共済では等級の引き継ぎができない

自動車保険の乗り換えによる等級の引き継ぎは基本的には問題ありませんが、共済を利用している場合は例外となります。

共済の一部には等級の引き継ぎができない場合があるため、現在共済を契約しているのであれば、まずは等級の引き継ぎについて直接確かめておく必要があります。

解約後すぐに新契約の予定がない場合

海外赴任などの事情から、現在の自動車保険を解約した後すぐに新契約の予定がないということもあります。

そのような場合は当然、満期日の翌日から数えて7日以内の新契約ができなくなるわけです。

しかしこうした場合でも「中断証明書」を取得することによって等級の引き継ぎが可能になります。

中断証明書は、現在契約中の保険会社に対して依頼すると発行してもらえます。

中断証明書があれば、等級の引き継ぎ可能期間は10年程度まで延長できます。

次の契約から7等級以上となる方すべてに中断証明書の発行は意味のある方法ですので、該当する場合は是非中断証明書を発行してもらってください。

自動継続特約が付いている場合は要連絡

現在契約中の自動車保険に自動継続特約が付いていない場合は「契約更新をしない=契約解除」となるため、乗り換えの際に特に連絡はいりません。

しかし自動継続特約が付いている場合は自動的に契約が更新されてしまうため、保険会社に対して契約更新をしない旨を伝える必要があります。

もし自動継続特約が付いているかどうかがわからなければ、カスタマーサービスやマイページ等を利用して確認してください。

中途解約による乗り換えはデメリットが大きい

上記にもあるように、自動車保険の乗り換えは現在の保険の満期日と次に契約する保険の始期日(開始日)が同じになるようにして行うのが基本です。

しかし自動車保険は中途解約ができますので、満期日を気にせずに自分の好きなタイミングで乗り換えをすることも可能です。

ですがこの方法を取ってしまうと、基本のやり方とは異なり等級の進みが通常より遅れてしまいます。

例えば現在10等級の自動車保険を中途解約して新たに契約を結んだ場合、それまで無事故で過ごしていても新契約先での等級は11等級ではなく10等級となります。

契約更新後すぐに解約した場合は12ヶ月近く等級の進みが遅れることとなるため、これは大きなデメリットといえます。

解約返戻金の存在にも注意

自動車保険を中途解約をした際には、解約返戻金を受け取れる可能性があります。

ただ解約返戻金には短期率という係数が適用されることがあるため、そうなると保険料の月額より少ない金額しか受け取れなくなってしまいます。

中途解約を伴う自動車保険の乗り換えには、等級の進行の遅れに加えこのようなデメリットもあります。

また満期日と保険始期日を同一にする方法よりも手続きが面倒なため、よほどの事情がない限りこの方法での乗り換えはオススメしません。

自動車保険を乗り換えるなら複数の業者に見積もりを取ろう

自動車保険を乗り換えるのどうせなら安い保険会社に入りたいですよね。

安い保険会社に加入するなら複数の業者に見積もりを取りましょう。

複数の業者に見積もりを取ることで保険料の相場を調べることができます

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

なんて疑問もありますよね。

そういう場合におすすめなのが「自動車保険の一括見積もりサイト(無料)」になります。

一括見積もりサイトのメリットとして、

・複数の保険会社に見積もりを取ることで保険料の相場を知ることができる
・保険料の相場を知ることで安い保険会社を知ることができる
・ネットから一回入力しただけで複数の会社に見積もりを取ることができる
・無料で利用することができる

などになります。

自動車保険の乗り換えを考えているなら一度利用してみることをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

最後に

自動車保険を乗り換えても、一部共済を除き、等級の引き継ぎは問題なく行うことができます。

ですがうっかり満期日を忘れてしまうと経過日数によっては等級が引き継げなくなってしまうので注意が必要です。

しかし自動車保険の場合は満期日が近づくとハガキでそれを知らせてくれますので、満期日を忘れるリスクは低いといえます。

自動車保険の乗り換えは、保険を見直す大きなチャンスです。

この機会に是非契約内容に無駄や不足がないかチェックしたり保険会社間で見積もり結果を比較したりして、より納得のいく自動車保険を契約できるように行動していきましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

満期日は、自動車保険の乗り換えに最も適したタイミングです。 現行の自動車保険の満期日にあわせて保険を乗り換えたいと考えている人も多いで...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えタイミングはいつがいいの?〇〇日にがおすすめ

NO IMAGE

車を買い替える場合、任意保険は解約か車種変更かどちらがおすすめ?

NO IMAGE

自動車保険は満期前に乗り換えはできるの?中途解約しても大丈夫?

NO IMAGE

自動車保険の乗り換えに必要な書類って何があるの?

NO IMAGE

満期日に自動車保険を乗り換えたいけど流れや手順ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

新車を購入するので自動車保険を乗り換えたいけどどうしたらいいの?