40代の自動車保険料の相場は?月額いくら?普通車、軽自動車別に解説

 

自動車保険の保険料は年齢によって変化します。
40代は、若い頃よりも保険料が大幅に安くなり、おトクに自動車保険を利用できます。
長い間同じ保険会社を利用している40代の人は、自動車保険の見直しをすると大幅に保険料が安くなる場合があります。

自動車保険の見直しをする際に頭に入れておきたいのが、保険料の相場です。
自動車保険の保険料は条件によって異なりますが、大体の相場を把握しておけば保険料の比較がしやすくなります。

今回は、40代の自動車保険料の相場をご紹介します。
軽自動車と普通車の両方のケースをご紹介しますので、自動車保険を見直す際の参考にしてみてください。

なお、自動車保険の保険料は、等級・車種・車両保険の有無・運転者の範囲・走行距離などによって大きく変化します。
自分の利用条件での正確な保険料を知りたい場合は、ネットの一括見積もりサービスなどを利用して、各保険会社の見積もりを確認してみることをおすすめします。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

40代は若い年代に比べて保険料が安くなる

まずは、40代になると保険料が安くなる仕組みを確認しておきましょう。

自動車保険は、運転する人の年齢を「26歳以上」や「35歳以上」などに制限することで、保険料の割引を受けることができます。
これは、若年層は事故を起こしやすく、歳をとると事故率が低下することが統計上明らかになっているためです。
40代は事故率が低く、低いリスクに見合った金額に保険料が設定されています。

運転者の年齢制限で保険料はどれくらい安くなる?

運転者の年齢制限の基準は保険会社によって異なりますが、「全年齢対象」「21歳以上対象」「26歳以上対象」「35歳以上対象」などに分かれているのが一般的です。
「35歳以上対象」の代わりに「30歳以上対象」としている保険会社も多くあります。

各年齢条件の割引率は、以下の通りです。

年齢条件割引率
30歳/35歳以上62%-75%
26歳以上61%-73%
21歳以上40%-55%
全年齢対象0

以上のように、運転者の年齢を制限すると保険料の大幅な割引を受けることができます。

40代は、若年層に比べて保険料が安くなります。
ただし、一般的な保険会社では「40歳以上対象」といった年齢条件はないため、30代から40代になるからといって保険料が大きく変化するわけではありません。

40代は30代に比べると等級が上がっている場合が多く、平均的な保険料は安めです。
しかし、等級などの条件が同じ場合は、保険料はあまり変わりません。

40代・50代の保険料を特に安く設定している保険会社もある

一般的な保険会社では「30歳・35歳以上」が1つの年齢区分とされており、ほかの条件が変わらなければ40代や50代になっても保険料にあまり変化はありません。
しかし、保険会社の中には、「○○歳以上」といった年齢区分を採用していないところもあります。

例えば「おとなの自動車保険」は1歳刻みの保険料体系を採用しており、40代と50代の保険料がほかの年代に比べて安く設定されています。

40代で安い自動車保険を探している場合は、そうした保険料体系を採用している保険会社の見積もりを確認して、他社と保険料を比較してみることをおすすめします。

軽自動車の保険料の相場は40代だといくらくらい?

それでは、40代の保険料の相場をみていきましょう。
まずは、軽自動車の場合です。

見積もり条件

年齢条件30歳/35歳以上被保険者の年齢43歳
車両保険一般・エコノミー・車両保険なし対人・対物・人身傷害無制限
免許証ブルー運転者の範囲家族限定
使用条件日常・レジャー年間走行距離9,000km
弁護士特約あり等級10等級

以上の条件で、各社の見積もりをとった平均額をご紹介します。

保険料は車両保険の有無によって大きく変わるため、「一般タイプ・エコノミー型・車両保険なし」の3通りの保険料をご紹介します。
エコノミー型は、補償範囲を限定することで保険料を安く設定した車両保険です。

なお、軽自動車の車種は「スズキ アルト」で見積もりをとっています。
普通車の場合は型式による「料率クラス」が定められており、それにしたがって保険料が変化します。
しかし、軽自動車は料率クラスが定められていないため、車種による保険料の差はありません。

40代の軽自動車の保険料相場(10等級)

支払い方法
車両保険
一般エコノミー車両保険なし
一括払い74,000円53,000円32,000円
月額保険料6,480円4,640円2,800円

上記の保険料は、等級が10等級の場合です。
自動車保険の保険料は等級によって大きく変化するため、参考のために最高ランクの20等級の場合の保険料もご紹介します。

40代の軽自動車の保険料相場(20等級)

支払い方法
車両保険
一般エコノミー車両保険なし
一括払い48,000円34,500円20,800円
月額保険料4,200円3,020円1,820円

以上のように、等級によって保険料は大きく変化します。
自分の等級と近い例を参考にして、保険料見直しの際の参考にしてみてください。

なお、これらの保険料は上記の条件で見積もりをとった平均額です。
自動車保険の保険料は、各保険会社によって大きな差があります。
一般的に、担当者が対面で手続きを行う代理店型の保険は保険料が高く、電話やインターネットで手続きを行うダイレクト型の保険は保険料が安い傾向があります。

自動車保険の保険料は、条件や保険会社によって大きく変わります。
自分の利用条件での正確な保険料が知りたい場合は、ネットの一括見積もりなどを利用して、見積もりを確認してみることをおすすめします。

普通車の保険料の相場は40代だといくら?

続いて、普通車の自動車保険料の相場をみてみましょう。
普通車の場合は軽自動車と異なり、車の型式によって保険料が変化します。
代表的な型式の自動車保険料の相場をご紹介します。

各型式の保険料の相場

軽自動車の場合と同じく、各保険会社の見積もりから保険料の平均額を算出しました。
「年齢条件・被保険者の年齢・車の使用条件・免許証の色」などの見積もり条件は、軽自動車の場合と同じです。

40代の普通車の保険料相場(10等級)

車種支払い方法
車両保険
一般エコノミー車両保険なし
コンパクトカー一括払い105,000円80,500円51,000円
月額保険料9,200円7,050円4,460円
ハイブリッドカー・ミニバン一括払い120,000円86,000円52,000円
月額保険料10,500円7,530円4,550円
ワゴン一括払い105,000円83,000円58,000円
月額保険料9,190円7,270円5,080円
セダン一括払い110,000円80,500円51,000円
月額保険料10,060円7,350円4,640円
スポーツカー一括払い98,000円74,000円50,000円
月額保険料9,630円6,480円4,380円
高級車一括払い170,000円118,000円66,000円
月額保険料14,880円10,330円5,780円

以上が、40代で10等級の場合の保険料の相場です。
軽自動車の場合と同じく、最高ランクの20等級の場合の保険料も確認しておきましょう。

40代の普通車の保険料相場(20等級)

車種支払い方法
車両保険
一般エコノミー車両保険なし
コンパクトカー一括払い70,700円54,200円34,300円
月額保険料6,190円4,750円3,000円
ハイブリッドカー・ミニバン一括払い80,800円57,900円35,000円
月額保険料7,070円7,530円4,550円
ワゴン一括払い70,700円55,900円39,000円
月額保険料9,190円5,070円3,420円
セダン一括払い74,000円54,200円34,300円
月額保険料6,480円4,750円3,000円
スポーツカー一括払い66,000円49,800円33,700円
月額保険料5,780円4,360円2,950円
高級車一括払い114,500円79,500円44,400円
月額保険料10,020円6,960円3,890円

40代の普通車の保険料の相場は、以上の通りです。

普通車は型式によって保険料に差がある

上記の通り、普通車は車種によって保険料が異なります。
普通車には多くの種類があり、それぞれの型式によって事故発生のリスクや事故が起こった際に必要になる修理費が異なるためです。

例えば高級車の場合、事故が起こった場合の修理費が高額になり、盗難にあう可能性も高いため、保険料が高めに設定されています。

普通車の保険料の相場をみる際には、自分の車がどの型式に該当するのか調べてから保険料を確認しましょう。

条件や保険会社によって保険料は大きく異なる

軽自動車と普通車の場合に分けて、自動車保険の保険料の相場をご紹介しました。
ただし、ご紹介した数字は特定の条件で見積もりをとった平均値です。
保険料は、設定する条件や保険会社によって大きく異なります。

設定条件によって保険料は全く違う

自動車保険の保険料は、設定した条件によって大きく変化します。

例えば、上記の例でご紹介した通り、等級が異なると保険料に大きな差が生まれます。
また、運転者の範囲を「本人限定」にすれば保険料が安くなりますし、運転者の範囲を限定しなければ保険料は高くなります。
さらに、車の使用目的や年間走行距離、免許証の色などでも保険料に大きな差が生じます。

保険会社で保険料に差がある

自動車保険の保険料は、同じ条件でも保険会社によって大きな差があります。

一般的に、インターネットや電話で手続きするダイレクト型の保険会社は保険料が安く、担当者が対面で手続きする代理店型の保険会社は保険料が高い傾向があります。

また、保険会社によって適用される割引サービスが異なります。
自分の利用条件に適した保険会社をみつけることができれば、ほかの保険会社を利用するよりも保険料を節約することができます。

40代の自動車保険を安くするためには?

40代は自動車保険が安くなりますが、保険料は保険会社によって大きく異なります。
そのため、保険料を安くするためには、なるべく多くの保険会社の見積もりを確認することが重要です。

なるべく多くの保険会社の見積もりを比較する

2、3社の見積もりを確認してみて料金が似通っていても、保険会社探しをやめてしまうのはおすすめできません。
見積もりを確認していない保険会社の中に、自分にあった割引サービスを提供している会社があり、保険料が大幅に安くなる可能性もあります。
保険料をなるべく安くするためには、できる限り多くの保険会社の見積もりを調べることが大切です。

一括見積もりサービスを利用する

各保険会社の見積もりを確認する際に利用したいのが、ネットで利用できる「自動車保険の一括見積もりサービス」です。
一括見積もりサービスを利用すれば、1回の情報入力で多数の保険会社の見積もりを確認できます。

自動車保険の保険料にはさまざまな要因が関係しているため、見積もりを確認する際には多くの情報を入力する必要があります。
各保険会社のホームページから見積もりをとることもできますが、会社ごとに1から情報を入力するのはとても大変です。

一括見積もりサービスを利用すれば、情報入力の手間と時間を大幅に削減することができます。
一括見積もりサービスは無料で利用できてデメリットもないため、多くの保険会社を比較して保険料を安くしたい人は積極的に利用したいサービスです。

詳しくはこちらをどうぞ。

40代の保険料が一番安い保険会社を調べてみる(無料)

まとめ

40代は、若年層に比べて安い保険料で自動車保険を利用できます。
しかし、30代と比べるとそこまで大きな差はありません。

軽自動車の保険料は、車両保険の有無などによって異なります。
被保険者の年齢を40代に設定して、各保険会社の保険料を調べたところ、10等級で車両保険がある場合は74,000円程度、車両保険がない場合で32,000円程度が平均額でした。
また、20等級の場合は、車両保険ありで48,000円程度、車両保険なしの場合で20,800円程度でした。
月額保険料は場合によって異なり、「1,800円から6,500円程度」です。

普通車の保険料は、車の型式によって変化します。
軽自動車と同じ条件で調べたところ、10等級で車両保険がある場合は170,000円から98,000円程度、車両保険がない場合で66,000円から50,000円程度が平均額でした。
また、20等級の場合は車両保険ありで115,000円から66,000円程度、車両保険なしの場合で45,000円から34,000円程度でした。
月額保険料は条件によって幅があり、「3,000円から15,000円程度」です。

安い保険会社をみつけるためには、なるべく多くの保険会社の見積もりを比較することが重要です。
保険会社を比較する際には、1回の情報入力で多くの保険会社の見積もりをとれる「自動車保険の一括見積もりサービス」を利用するのが便利です。

今回ご紹介した40代の保険料の相場を参考に、どれくらい保険料が安くなるのか、いちど見積もりを確認してみることをおすすめします。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

40代は若年層に比べて保険料が安く設定されています。 年齢による割引率は保険会社によって異なるため、40代の人は自動車保険を見直してみ...
40代は、自動車保険を比較的安く利用することができる年代です。 40代は若年層に比べて事故を起こす確率が低く、低いリスクに見合った保険...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

40代で初めて自動車保険に加入する方必見。安い保険を見つけるコツを解説

NO IMAGE

40代の自動車保険料を安くするコツはある?〇〇すると安くなります