自動車保険の乗り換えタイミングはいつがいいの?〇〇日にがおすすめ

 

「保険料をもっと安くしたいから自動車保険を乗り換えたいけど、自動車保険ってどういうタイミングで乗り換えるものなんだろう?」

これまで自動車保険を乗り換えた経験がないと、そのタイミングもなかなか掴みづらいものですよね。

そこで今回は、「自動車保険を乗り換えるおすすめのタイミング」や「乗り換えの際にしておきたいこと」など、自動車保険の節約につながる情報をお届けしていきます。

これをチェックすれば、自動車保険の乗り換えにもっと前向きになれますよ!

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

自動車保険の乗り換えは「満期日」に合わせて行うのが基本!

自動車保険は、満期日に合わせて乗り換えの手続きをしていくのが基本です。

自動車保険は1年契約が多いですが、中には3年などの長期契約タイプもあります。

ですがいずれの場合も、満期日で契約が切り替わるように手続きを進めていくのがおすすめです。

また、そのタイミングで乗り換えることで等級的にも損をしません。

その点については、以下で詳しく解説します。

保険期間中でも乗り換えはできるけれど…

自動車保険を乗り換えたとしても、それまでの等級は基本的に引き継ぐことができます。(一部の共済では引き継ぎができない場合あり。)

ですからせっかく積み上げてきた割引率の高い等級を乗り換えによって失うという心配はいらないのですが、保険期間中に自動車保険を乗り換えると等級の進みが遅くなるというデメリットが生じてきます。

前述のように現在契約中の自動車保険の満期日をもって新しい契約に乗り換えるように手続きをする分には、1年間無事故で過ごした通常時と同様に翌年には等級がひとつ上がります。

例えばそれまで15等級であれば、翌年の契約からはさらに割引率の高い16等級で契約することができるということです。

しかし保険期間中に自動車保険を乗り換えた場合、乗り換え先での契約では乗り換え前と同じ等級でのスタートということになります。

つまり、満期日で自動車保険を乗り換えるように手続きしたときよりも等級の進みが遅れてしまうのです。

等級がひとつ上がるのは1年間無事故で過ごした自分へのちょっとしたご褒美のようなものなので、その進みが遅くなるのはできれば避けたいですよね。

満期日をもって乗り換えできるように手続きをするのがベスト

冒頭でも少し触れましたが、自動車保険はやはり満期日をもって乗り換えできるように手続きを進めることをおすすめします。

その理由のひとつとして、「現在の自動車保険の契約に自動継続特約がついていなければ、その保険会社に対して解約の旨を伝えることなく新たな自動車保険に乗り換えることができる」という点も挙げられます。

自動継続特約のような自動で契約が更新される特約がなければ、「更新手続きをしない=解約」ということになるので解約手続きが不要になります。

この場合、ユーザーとしては他の自動車保険の新規契約のことだけを考えればいいわけですので気持ち的にもとても楽ですよね。

契約更新を行わないと保険会社から連絡がくる可能性もありますが、もし連絡がきても「他社と契約した」とだけ伝えればいいので問題ありません。

満期日前に乗り換えをしたいという方はこちらをご覧ください。

「自動車保険の乗り換えをしたいけど、満期前でも乗り換えってできるの?」 あなたもこんな風に考えたことはありませんか? そこで...

自動車保険の乗り換え手続きはいつから行える?

自動車保険の乗り換えの際には、現在契約中の保険の満期日と次に契約する保険の始期日を合わせる必要があります。

そのためには手続きを開始するタイミングも気になるところです。

自動車保険の場合、更新時期が近づくと満期日についてハガキなどで通知してくれますので満期日を忘れるというリスクは低いです。

通常、その通知は満期日の2~3ヶ月前に行われますので、乗り換え先の自動車保険で早期割引を受けたいという場合は通知を受け取り次第手続きを進めていきましょう。

特にそういった希望がない場合でも、なるべくゆとりを持って早め早めに乗り換え手続きを行うことをおすすめします。

もし乗り換え手続きを忘れてしまったら?

「満期日はまだまだ先」と思っていたがために乗り換え手続きを忘れてしまった場合、等級はリセットされてしまうのでしょうか?

7日以内であれば等級の引き継ぎが可能

満期日を過ぎていたとしても、満期日の翌日から7日以内であれば等級を引き継ぐことが可能です。

ですがたとえ等級を引き継げたとしても、その間は任意保険に加入していない空白の期間となってしまいます。

その間に事故があった場合は補償されませんので、やはり安心のためには無保険期間を作らないように注意しないといけません。

また、もし現在契約中の自動車保険に自動継続特約がついている場合は満期日を過ぎたとしても自動で契約が更新されているため無保険になるリスクはありません。

しかしそうした場合、自動車保険の乗り換えとしてベストなタイミングが先延ばしになってしまいます。

これも保険の見直しという観点からはあまり好ましいものではありません。

ですから自動車保険の乗り換えを検討している場合は、まずは現在契約中の自動車保険の満期日をチェックし、それに向けてスムーズな乗り換えができるように早いうちから契約内容の見直しや自動車保険の比較を行っていきましょう。

乗り換える自動車保険を探すコツとは?

自動車保険を乗り換えるのなら安い会社に乗り換えたいですよね。

「どうやって安い保険会社を見つけたらいいんだろう?」

何て疑問もあるかと思います。

安い自動車保険を見つけるには同じ補償内容で複数の保険会社に見積もりを取ることが重要になります。

複数の保険会社に見積もりを取ることで費用の相場が分かり、安い業者を見つけることができます

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

という思いもあります。

そういう場合に便利なのが「自動車保険の一括見積もりサイト(無料)」になります。

3分くらいの入力時間で複数の保険会社に見積もりを取ってもらえます。

実際に見積もりを取ってみると25000円も安い自動車保険会社を見つけることができました

利用料は無料なのも嬉しいですね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険会社を調べてみる(無料)

最後に

自動車保険の乗り換えは、更新時期の通知がきた段階から行い、満期日をもって契約が切り替わるようにするのがベストです。

更新時期の通知は満期日の2~3ヶ月前に届きますので、満期日まではまだゆとりがあります。

ですから通知を受け取ってから自動車保険の見直しをしても十分間に合います。

見直しをすることで無駄が見つかったり、あるいは逆に足りないと感じる補償内容に気づいたりすることができます。

その上で複数の保険会社の見積もりを比較すれば、より納得のいく形で自動車保険の乗り換えをすることができるはずです。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

新車を購入するので自動車保険を乗り換えたいけどどうしたらいいの?

NO IMAGE

満期日に自動車保険を乗り換えたいけど流れや手順ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

自動車保険の乗り換え方法や手続きってどうするの?手順を1から解説します

NO IMAGE

自動車保険を乗り換えたいけど等級も引き継がれるの?

NO IMAGE

車を買い替える場合、任意保険は解約か車種変更かどちらがおすすめ?

NO IMAGE

自動車保険が高いので乗り換えたいけど何かデメリットってある?