車を購入予定だけど自動車保険はいつから契約することが可能なの?

車を買ったら自動車保険の準備しなければいけませんよね。
だけど保険会社選びって意外とわからないことも面倒なことも多いんです。

車を購入する、もしくは購入を決めた方。

・自動車保険の準備と言っても何をいつから始めたらいいかわからない
・保険のことがよくわからない
・いつから契約できるの?
・車の保険はどこが安いの?
・どうやって選んだらいい?

そんな悩みをお持ちではありませんか?

今回は車の保険についてこんなお悩みを持つ方のために、

・車の保険について
・車の購入が決まったらいつから準備するのか
・適切な保険会社選びの方法

について解説します。

車の購入が決まったら是非この記事を読んで早めの準備をしましょう。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

無保険は絶対にダメ!

まず、ここで言う自動車保険とは「任意保険」、つまり「入るか入らないかは本人の任意」という種類の保険のことです。

法律上は自動車を買った時に強制加入する、「自賠責」だけでも車の運転をすることは可能です。

しかし、自賠責では万が一事故を起こした際に「最低限の保証」しか受けられません。
最低限の保証と言っても、実際は最低限の保証にすらなっていないのが実情です。

・障害による損害は120万円まで
・後遺障害で最高4000万円
・死亡で3000万円

これが自賠責の保証範囲です。

近年の死亡事故の賠償金相場は、低く見積もっても1億前後になりますから、自賠責だと最低限どころか半分にも届きません。
残りの約7000万円は当然事故を起こして死亡させた側が、賠償金として支払う必要があります。

しかも自賠責はあくまで相手の身体に関する保証のみで、物損には一切対応していません。

・お店に車でつっこんでしまった
・相手の車を全損させてしまった

こんなケースで数百万円以上もの賠償金が発生した場合、損害すべてを事故を起こした人が負担しなければなりません。

いくら法律で禁止されていないからと言って、任意保険に加入せずに運転することはおすすめできません。

車に乗る以上は義務と言ってもいいでしょう。

万が一の時に相手はもちろん、自分の生活を守るためにも任意保険には絶対に入っておきましょう。

自動車保険はどのくらい前から準備しておくべき?

自動車保険の準備は、できれば車の購入が決まったらすぐに準備を始めましょう。

特に
「できるだけ安くていいサービスの保険会社を選びたい!」
と思っている方は、沢山ある保険会社から資料を取り寄せて比較して、自分の条件に合った保険会社を選ばないといけません。

保険会社によって保障内容やサービス、割引は様々です。
適切な保険会社を選ぶことで、保険額が年間数万円変わることもあります。

自動車保険はいつから適用になるの?

保険自体は入金が完了すれば最短1~2日で保険が適用されます。

しかし先述したように、安くていいところを探したい、という場合は「見積もりを取って」「比較する」時間を考慮しなければいけません。

見積もりは保険会社によってまちまちですが、大体長くて1週間くらいです。

ということは逆算して、納車日の1週間ちょっと前くらいから準備を始めないといけませんね。

いつから見積もりを取ればいい?

通常、新車でも中古でも特に問題が無ければ、車を購入してから整備や手続きなどを経て、約2週間ほどで納車になります。

こう考えると、車を買った瞬間から見積もりを取り始めるのがベストです。
買う車さえ決めてしまえば、ある程度正確な見積もりを取ることは可能です。

1週間で色々な保険会社の見積もりとデータを取り寄せて、2,3日考えて決める。
こんなスケジュールで進めていけば余裕をもって、お得な自動車保険選びができるでしょう。

保険会社選びのスケジュール一例

例えば以下のカレンダーを見てください。

画像1

4月19日に納車が決まったらその1週間ちょっと前、9日あたりから各社に資料や見積もりを請求。
遅くも1週間前後で資料は集まりますので、その資料から保険料やサービスを比較検討。
2.3日ゆっくり考えて、一番自分に合った保険会社を選び、17日に保険料を払い込み。

17日に払い込むと早くて翌日18日の午前0時から適用になります。
このようなスケジュールで進めていくと無理のない、そして最適な保険会社選びができるはずです。

保険会社選びは重要!

ではいよいよ保険会社を探しましょう。

ですが初めての自動車保険選びをする人は、ここでほとんどの人が迷うと思います。
「いったいどこの保険会社の見積もりを取ったらいいの!?」

というのも、自動車保険会社というのは本当に数が多いからです。

現在、自動車保険を扱っている損害保険会社は国内24社。
当然各社によって保険料も付帯サービスも対応も全く違ってきます。

特に保険料に関しては各社で考え方や割引、割増条件が違うため、会社によっては年間で数万円近い差が付くこともあります。

これから何年間も契約するかもしれない保険会社です。
自分に合った適切な保険会社を選ばなければ、この先、何十万円も余計な保険料を支払う羽目になるかもしれません。

損せず、しかも自分にぴったりの保険会社を選ぶためには、1社1社のサービスや特徴をしっかりと把握する必要があります。

見積もりを取ろうとするとここでさらに問題が…

先ほども話したように国内には20社以上の自動車保険会社があります。
適切な保険会社を探すためには、1社でも多くの保険会社から見積もりを取るべきです。

今はネットで見積もりが取れるので、一応パソコンやスマホから簡単に資料を請求したり、見積もりを取ることはできます。

とはいえ、たくさんの保険会社のサイト1社1社にアクセスして免許証や車検証のデータ、住所氏名を打ち込む手間は避けられません。

これがものすごく面倒です。
1社当たり20分かかるとして、24社だと480分。
8時間かかる計算ですね。

たぶん普通の人は5社くらいでギブアップすると思います。
いくら安くていい保険会社を探すためとはいえ、これは恐ろしく面倒ですね。

一番安い自動車保険を見つけるために1社でも多くの会社から見積もりを取りたい。
だけど1社1社サイトにアクセスしてデータを入力するのは面倒…というか無理。
これが適切な保険会社選びを邪魔している要因です。

このせいで、本当ならもっと安くてサービスの良い会社があったはずなのに、適当に2~3社見積もりを取ってその狭い範囲の中で一番安い自動車保険に決めてしまう、こんな方も多いのが実情です。

そんな時に一括見積サービス!

ですが、自動車保険会社は万が一の際、しっかりと対応や保証をしてもらう保険会社です。
できればしっかりと全社比較したいですよね。

そんな方におすすめなのが、
自動車保険一括見積サービス「保険スクエアbang! 自動車保険」です。

自動車保険会社一括見積サービスとは?

自動車保険一括見積サービス「保険スクエアbang! 自動車保険」は、日本の大手自動車保険会社から一括で見積もりが取れるサービスです。

本来、複数の保険会社から見積もりを取る時は、先述したように保険会社のサイト1社1社にアクセスして走行距離や型式、自分の住所氏名などを入力していかなければいけません。

ですが、この一括見積サービスは1回のデータ入力で、複数社の保険会社の見積もりが一度に請求できるというサービスです。

もちろん利用は完全無料です。

これによって時間も手間もかけず、簡単に複数の自動車保険会社の見積もりやサービス内容を比較することができます。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

一括見積サービスを利用するメリット

まず、保険会社をいちいち調べなくて済みます。
国内数十社もあればどんな保険会社があるのか調べるだけでも面倒です。

保険スクエアbang! 自動車保険なら国内大手保険会社を網羅していますから、保険会社を調べる必要がありません。

通常あれば調べた後に1社1社データ入力の手間が待っていますが、これも省略できます。
たった1回のデータ入力で複数社の資料や見積もりを請求できるからです。

このサービスを利用することによって、資料請求の時間も手間も節約できますから、保険料や補償内容の比較検討のみに集中することができます。

一括見積サービスを利用するデメリット

デメリットはありません。

保険会社からの広告料で運営されているので、私たちユーザーに料金の負担は一切ありません。
完全無料で利用することができます。

一括見積サービスの見積もりで必要なもの

保険スクエアbang! 自動車保険で一括見積をしてもらう際は以下の書類が必要です。

・免許証
・車検証
・現在契約中の保険証券(更新・乗り換えの場合)
(おそらくこの記事を読んでいる人で「更新・乗り換え」という方はいないと思いますが念のため)

「免許証」と「車検証」があればOKということですね。

ですが納車されていない状態では、免許証はともかく車検証は持っていませんよね。

その場合はディーラーさんに「保険の見積もりを取るので」と言えば、必要な項目を教えてもらえます。

この2つがあれば見積もりが取れます。

免許証と車検証の2つを持って、早速保険スクエアbang! 自動車保険にアクセスしてみましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

最後に

保険スクエアbang! 自動車保険は国内大手自動車保険会社、複数社から1回の請求で一括見積りが取れるサービスです。

このサービスを利用することによって、短時間で複数の自動車保険会社から見積もりを取ることができます。
多くの保険会社から一括で見積もりが取れるので、しっかりと比較検討することができます。

保険選びでは
「保険料の安い自動車保険にしたい、もしくは自分に合った保険会社と契約したい」
ほとんどの人がこう思うことでしょう。

そのためにはできる限り多くの保険会社の資料を取り寄せて比較検討するのが一番です。

これから車を購入する方はもちろん、今よりも安い保険会社に変えたいという方にも。
保険スクエアbang! 自動車保険は非常に便利なサービスです。

利用料は一切かかりません。
是非利用してみてください。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

自動車保険は更新と新規だとどちらがお得なの?メリットとデメリット解説

NO IMAGE

自動車保険の満期日が過ぎたらどうしたらいいの?

NO IMAGE

自動車保険の車両入替の手続きはどのタイミングでしたらいいの?必要書類は?

NO IMAGE

自動車保険の更新を忘れた場合ってどうしたらいいの?等級はどうなるの?

NO IMAGE

自動車保険の中断証明書の発行に必要な書類は何?手続きは?

NO IMAGE

自動車保険の車両入替は納車当日に手続きすることは可能なの?