三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険でどちらの自動車保険がおすすめ?比較しました

 

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険では、どちらの自動車保険がおすすめなのか、どちらがよりお得なのか迷ってしまう人も多いと思います。
三井ダイレクト損害保険は「ダイレクト型自動車保険」の草分け的な存在であり、顧客満足度が高いことが特徴です。
楽天損害保険は、楽天が朝日火災海上保険を買収して誕生した損害保険会社で、ASAPと呼ばれる、6年の長期契約ができる自動車保険が人気で、シェアを伸ばしています。
それでは、これら二つの自動車保険の特徴や、どちらがよりおすすめの自動車保険なのかということを詳しく見ていきましょう。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

三井ダイレクト損害保険の自動車保険の特徴は?

三井ダイレクト損保保険は、2017年度のダイレクト保険のシェアがチューリッヒ保険と並んで3番目に多くなっており、ダイレクト型自動車保険の中では高評価を得ています。
特に、対人賠償保険が自動的に無制限となっていること、車両保険を付けたいが、保険料が気になるという人のために、二種類の車両保険を用意していることが三井ダイレクト損害保険の特徴となっています。

対人賠償保険が自動的に無制限

万が一の事故の時の対人賠償保険が、三井ダイレクト損害保険では無制限となっています。
他の自動車保険では、無制限や1億円までなど、自分で選択しなければならないところもあるのですが、三井ダイレクト損害保険では自動的に「無制限」となっていますので、万が一の事故の時でも安心です。

任意保険の車両保険が二つのタイプに分かれている

車両保険を付帯するかどうかは、自動車保険に加入するときに迷う人が多いのではないでしょうか。
車両保険をつけない場合は保険料が安く収まりますが、車同士の事故や自損事故をしてしまった場合のことを想像すると、やはりつけておきたいと考える人も多いようです。

三井ダイレクト損害保険の車両保険は、「一般タイプ」と「限定タイプ」に分かれており、車両保険を付帯する場合は、どちらかを選択することが可能です。

「一般タイプ」は車同士の事故に加え、火災や台風、盗難、当て逃げなどの車両の損害を補償してくれます。

それとは逆に「限定タイプ」は、対象を絞ることで車両保険の金額を抑えています。

このように、自分で選択できるところが支持されています。契約者の内訳を見ると、一般タイプを選択する人が約7割、限定タイプを選ぶ人は約3割となっていますが、自分の考えに合った車両保険を選択するようにしましょう。

一般タイプ限定タイプ
火災や爆発
台風・洪水・高潮
盗難
落書き・いたずら
飛来中や落下中の他物との衝突
他の車(原動機付自転車を含む)との衝突や事故△(相手の登録番号および「その運転者、または所有者の住所や氏名が確認できた場合のみ)
他の車(原動機付自転車を含む)以外との衝突や接触
※車庫入れの失敗や電柱・ガードレール等への衝突や接触・歩行者や自転車との事故を指す)
×
当て逃げ×

楽天損害保険のASAPのメリット 6年の長期契約が可能

楽天損害保険の自動車保険「ASAP」の一番大きなメリットは、長期契約が可能なことです。
楽天損害保険のASAPでは6年の長期契約の商品となっており、長期契約の分保険料が安く抑えられています。
ASAPを一度契約すると、毎年更新する手間が省け、保険料も安くなるので契約者からの評判も高くなっています。

この長期契約期間中では、事故を起こしても保険料が変わりません。
また、事故が1回だけの場合であれば、他社に保険の乗り換えをしない限りは「事故あり係数」の割増がつかないので、保険料が上がることがないのです。

2013年からそれぞれの保険会社で、事故あり等級制度が始まり、事故を起こして保険を利用すると、3等級下がってしまうようになりました。
それに加えて、事故あり係数として保険料が割高になってしまう仕組みとなっているのですが、楽天損害保険のASAPの場合は長期契約のため、保険料が上がることがないのが最大のメリットとなっています。

また、契約時にゴールド免許で、長期契約中にゴールドでなくなってしまっても、契約期間が終わるまでゴールド割引は継続し、保険料が上がることはありません。
すでに次の免許更新でゴールドでなくなるとわかっている場合は、免許更新までの間にこの長期契約を結ぶと、ゴールド免許割引がずっと続くのでお得です。

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険のロードサービスの違いは?

三井ダイレクト損害保険のロードサービスは、車両保険に加入していなくてもサービスの対象となります。
また、ロードサービスを利用しても、等級には影響がありませんので安心です。
楽天損害保険のASAPには、最も充実しているタイプのロードサービスが標準で付帯されています。

三井ダイレクト損害保険楽天損害保険 ASAP
レッカーサービス指定修理工場まで距離制限なく無料で牽引修理工場へのレッカーや落輪時のクレーン作業、修理完了後の車の引き取り費用など、1事案につき20万円まで補償)
キーとじ込み無料で鍵開けキーとじ込みや紛失時の鍵開け無料
バッテリー上がりエンジンの再始動(保険期間中に1回のみ)エンジンの再始動(保険期間中1回のみ)
パンク契約者保有のスペアタイヤへの交換作業スペアタイヤへの交換作業
落輪引き上げ2万円(税込)までの落輪引き上げロープ使用程度による落輪引き上げ(1m以内)
雪道でのスタック走行可能な場所への引き出し作業×
ガス欠10リットルのガソリンを届ける
(保険期間中1回、ガソリン代有料・契約2年目以降は年1回無料)
10リットルまでのガソリンや軽油を無料お届け(保険期間中1回のみ)
レンタカー12時間サービス2年目以降はレンタカー代12時間分無料(事故または故障時)×
簡易作業30分程度の簡易作業(各種オイル漏れや冷却水補給など)30分程度の簡易作業(各種オイル漏れや冷却水補給など)
臨時代替交通費用サービス×(事故付随費用特約をつけた場合補償)事故や故障により自走不可能となったとき、または車が盗難にあったとき、帰宅または目的地までの費用を1事案1名につき2万円まで支払い
臨時宿泊費用サービス×(事故付随費用特約をつけた場合補償)事故や故障により自力走行不能または車が盗難にあったとき、帰宅手段がないときにその日の宿泊費用を1事案1名につき1万円まで支払い
臨時ペット宿泊費用サービス×(事故付随費用特約をつけた場合補償)事故や故障で自力走行不能または盗難にあったとき、契約車の搭乗者が宿泊サービスを利用するとき、ペットホテルの費用を1事案につき1万円まで支払い

三井ダイレクト損害保険では、代替個通費用サービス・臨時宿泊費用サービス・臨時ペット宿泊費用サービスについては「事故付随費用補償特約」をつけた場合のみ補償されることとなっていますので、この点では楽天損害保険に劣っていると言えます。

楽天損害保険では、事故や故障時のこれらのサービスがロードサービスに標準としてついていますので、万が一の時にも安心です。

三井ダイレクト損害保険の事故対応サービスが充実

三井ダイレクト損害保険の2017年度の事故対応満足度は、事故対応を受けたユーザーに行ったアンケ―ドによると92%を超えており、高い評価を得ています。

楽天損害保険では、事故対応では「24時間事故対応」など、通常の基本的なサービスを行っており、事故対応に関して「楽天損保ならではの特徴的なサービスがある」とは言いにくい状況となっています。
楽天損害保険は通常の基本的なサービスをしっかりと行ってくれますが、三井ダイレクト損害保険は、より事故対応に力を入れており、楽天損保との差別化ができていると言えるでしょう。
三井ダイレクト損保の事故対応は以下のようになっています。

事故には専任スタッフが一貫して対応

三井ダイレクト損害保険では、1事故ごとに人身事故・物件事故の経験豊富な専任スタッフが事故対応を一貫して担当し、ユーザーのニーズに細かく対応してくれます。
プロセスごとに担当者が変わることもなく、担当者が不在の場合は、チームスタッフがしっかりと対応してくれます。

被害事故の相談サービス

被害事故に関しても、専任スタッフがつき、相談に乗ってくれます。
通常、契約者に賠償責任が発生しない被害事故の場合は、保険会社として相手側との交渉(示談代行)ができないこととなっています。
しかし、三井ダイレクト損害保険では、被害事故であっても契約者に安心感を与えるために、経験豊富なスタッフが親身に相談に乗ってくれる仕組みがあります。
どのような事故であっても、スタッフと相談することができるので心強いですね。

もちろん、対人・対物賠償事故で契約者側に賠償責任が生じた場合は、法律知識や医療知識に詳しい事故解決のプロが、契約者にかわって示談交渉を行ってくれるので安心です。

損害サポートネットワーク

三井ダイレクト損害保険では、全国のネットワーク体制が充実しており、全国どこで事故が起きてもスピーディな対応を行ってくれます。

事故対応サービスセンター12センター
損害サポートネットワーク約480か所
指定修理工場ネットワーク約2100か所
弁護士ネットワーク約160事務所
ロードサービスネットワーク約3800か所

安心センターは全国で約480か所設置されていますので、スピーディな事故調査を行ってくれますし、必要に応じて当事者との面談も含めた対応を行います。
車両の損害確認については、全国の鑑定人の他に、満井住友海上火災保険株式会社やあいおいニッセイ同和損害保険調査株式会社とも連携して対応してくれるので安心です。

様々な案内サービス

三井ダイレクト損害保険では、車の調子が悪いときに相談できる「故障電話相談サービス」があるなど、日ごろから利用できるようなサービスがいくつもあります。
事故のときだけではなく、日常生活で役立つサービスを提供してくれているのが嬉しいですね。

故障電話相談サービス車に不具合が発生したときに整備士が電話でアドバイス
ガソリンスタンド案内サービス近くのガソリンスタンド情報を提供
レンタカー案内サービスレンタカーを優待価格(有料)で利用できるレンタカー会社を案内
安心車検紹介サービス高品質の車検を優待価格(有料)で紹介
GPS位置情報検知による迅速なサービス提供GPSで位置を把握することにより、急後車両のより迅速な到着などの効果が期待できる

保険金の支払い所要日数は?

保険金の支払い所要日数は、車両保険の場合は平均で34.9日となっており、30日以内の車両保険の保険金支払い率は約61%となっています。
事故を起こしてしまったときは不安な気持ちが大きくなりますが、三井ダイレクト損害保険では事故対応がスムーズで、保険金の支払いもすばやく行ってくれるので安心できます。
事故対応の満足度の高さは、この事故対応と保険金支払いの素早さにあると言っても良いでしょう。

修理指定工場はサービスが充実

三井ダイレクト損保は全国で約2100か所の工場があります。これらの工場は、厳しい条件をクリアした優良工場ばかりですので、高いクオリティの修理を受けることができます。
事故車両の引き取りや納車、代車サービスが無料なのが嬉しいですね。

指定工場で受けられるサービス

事故車両の無料受け取り・納車サービス車を自宅まで無料引き取り・修理完了後自宅にお届け
修理期間中の無料代車サービス指定修理工場利用の場合、修理期間中の代車を無料提供
納車時の無料洗車サービス修理完了後、洗車したきれいな状態で納車
修理箇所の永久保証指定修理工場で修理した箇(所については永久保証
(契約者が修理車両を保有している場合のみ)

これら以外にも

・保険金請求書省略サービス
・搭乗者傷害・自損事故傷害・ファミリー障害診断書省略サービス
・入院保険金内払サービス
・事故証明書取付代行サービス
・事故受付・支払案内サービス

があり、かゆいところに手が届くような、契約者の利便性を考えたサービスが提供されています。

三井ダイレクト損害保険の事故対応サービスは、群を抜いて充実していると言えるでしょう。

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険ではどちらの保険料が安い?

楽天損害保険は、2018年に朝日火災海上保険を買収して誕生した自動車保険で、今後どのようにシェアを伸ばしていくのかが注目されています。

三井ダイレクト損害保険はダイレクト型自動車保険です。
ダイレクト型は代理店型に比べ、店舗や人件費のためのコストがかからず、保険料が安く抑えられていることが特徴です。逆に、楽天損害保険はダイレクト型ではなく代理店型の自動車保険となっています。
しかし、代理店型自動車保険の中では保険料が安いと言われており、ダイレクト型自動車保険と迷う人もいるようです。

それでは、三井ダイレクト損害保険と、楽天損害保険の自動車保険料はどちらが安くなっているのでしょうか。

それぞれの自動車保険の見積もりをとると、このようになりました。
見積もりする際の条件は、このようになっています。対人・対物とも無制限の補償で、契約距離区分は9000km以下で見積もりを取りました。

・ホンダ ストリーム

ノンフリート等級10級
使用目的家庭用
車の運転者記名被保険者とその配偶者に限定
初年度登録年月平成23年3月
運転免許証ゴールド
車を運転する人35歳以上補償
契約距離区分9000km以下
対人賠償無制限
対物賠償無制限
楽天
(車両保険は20万)
セレクトプラン充実プラン
46230円(対物賠償には自己負担額あり)53070円
三井ダイレクト損保
(車両保険は80万)
エコノミープランスタンダードププラン
35290円51620円

これを見るとわかるように、やはりダイレクト型損害保険である三井ダイレクト損害保険の方が、保険料が安くなっています。また、車両保険は楽天損害保険、三井ダイレクト損害保険の両方で付帯させていますが、同じ車種でも楽天の車両保険額は20万、三井ダイレクト損害保険の方は80万となっており、補償額に大きな差があります。

車両保険の補償額が高く、対人・対物補償ともに条件なく無制限補償となっている三井ダイレクト保険の方が、自動車保険として充実しており、なおかつ保険料が安くなっていることがわかりました。

このようなことから、三井ダイレクト損害保険の方が条件が良く、満足度が高い自動車保険であると言えるでしょう。

楽天損害保険の長期契約における注意点は?

楽天損害保険のASAPは長期契約ができることがメリットですが、契約時に理解しておかなければならない点が二つあります。

一つ目は、長期契約の途中でゴールド免許になったとしても、保険料の割引対象にはならないということです。

自動車保険の仕組みとして、契約時にゴールド免許を持っていないと割引を受けることはできませんので、できればゴールド免許になってから長期契約をする方がお得です。

ゴールド免許の場合、保険料の割引率は高いので、今は違うけれども次の更新時でゴールド免許になれる確率が高い人という人は、免許更新を待ってから長期契約をする方がお得になる場合もあります。

また、長期契約期間中では、契約者や利用者の年齢にも注意が必要です。契約期間中に保険料の節目となる「26歳」や「30歳」「35歳」などの年齢を超えた場合、自分で変更の手続きを行う必要があります。長期契約をすると、途中の更新手続きなどの手間が省けることがメリットですが、この「年齢」が節目を超えた時には、手続きをするようにしましょう。

三井ダイレクト損害保険ならではのクルマ生活応援サービスが魅力

三井ダイレクト損害保険では、宿泊施設やレジャー施設等、国内外で20万か所以上の優待対象施設を特別割引で利用できる制度があります。
ファミリーレストランの割引クーポンや遊園地、ランドセルの割引など、グルメからショッピング、旅行まで日常生活で利用できる様々な割引が充実しており、お得な仕組みとなっています。

自動車保険は事故時の補償のために加入しますが、事故が起こる可能性は低く、実際に保険を使う機会は低いと言えます。
万が一のための補償に加入するのが自動車保険ではありますが、このように日常生活で活用できるサービスを上手に利用することで、自動車保険料以上のサービスを受けられる場合もありますのでおすすめです。

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険に共通するメリットは?

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険に共通する特徴やメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

自動ブレーキ装着車には割引がある

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険では、自動ブレーキがついている車の場合、割引が適用されます。
楽天損害保険の場合は、2018年1月以降の契約では、自動ブレーキが搭載されている車は、保険料が9%割引になることとなっています。
最近の自動車は自動ブレーキが搭載されているものが多く、事故の可能性が従来よりも低くなっています。
保険料の9%割引はかなり大きく、保険料を支払う側としては大きなメリットがあると言えるでしょう。

三井ダイレクト損害保険でも「ASV割引」というものがあり、所定の条件を満たす先進安全自動車(ASV)の場合に保険料が9%割り引かれます。
このように、両者とも自動ブレーキがついている場合、保険料が9%安くなりますので、大変お得な仕組みとなっています。

保険料の支払い方法が多彩 長期契約でもクレジット払いが可能

保険料の支払い方法では、どちらも月払いや年払いができ、クレジットカードの利用が可能です。また、楽天損害保険における長期契約でもすべてクレジットカードが使えますので、すぐに現金が用意できないという人も安心して契約することができます。

クレジットカードでポイントを貯めている人は、カードで保険料を支払うことでポイントも貯めることができます。
自動車保険料は年間にすると大きな金額になりますので、ポイントも貯まりやすく、保険料のクレジットカード払いはおすすめです。

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険はどちらがおすすめ?

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険の特徴を比較してきましたが、最終的にどちらがおすすめなのでしょうか?
それぞれの項目について比較をしてみると、以下のようになっています。

三井ダイレクト損害保険楽天損害保険ASAP
保険料の安さ
ロードサービスの充実度
販売会社の財務健全性
事故対応のスピード
事故対応の手厚さ
保険料支払いの選択肢の多さ
自動車保険以外のサービスがある×
総合判断
向いている人・手厚い事故対応を受けたい人
・保険料をできるだけ安くしたい人
・日常生活でも優待サービスを受けたい人
・事故や故障時の宿泊費・交通費サービスなどを受けたい人
・自動車保険の長期契約をしたい人

三井ダイレクト損害保険のメリットとしては

・保険料が安い
・事故対応に会社としても力を入れており、高いサービスを受けることができる
・クルマ生活応援サービスがあり、日常生活においても様々な優待を受けることができる

という3点が挙げられます。

楽天損害保険のメリットとしては、

・ロードサービスにおける「臨時の宿泊費や交通費サービス」が標準装備されている
・6年契約ができ、途中で事故を起こしても保険料が上がらない

の2点となっています。

総合判断としては、三井ダイレクト損害保険がおすすめです。自動車保険料が安いことに加え、事故対応サービスが充実しているからです。

自動車保険の本来の目的は、万が一自動車事故が起こったときの「安心を買う」ということですので、事故対応サービスが充実している三井ダイレクト損害保険を選べば、安心して車に乗ることができます。

また、日常生活で様々な割引が受けられる「クルマ生活応援サービス」を活用すれば、月々の保険料以上のメリットを受けることも可能です。

ファミリーレストランの割引や遊園地の割引など、家族皆で利用できるものも多く、例えば、遊園地フリーパスの割引が一人当たり700円だった場合、4人家族では2800円も得することになります。

自動車保険が月々3000円の場合は、この割引を一度利用するだけで、1カ月分の保険料の元がとれるということになります。このクルマ生活応援サービスを上手に利用すれば、保険料以上のメリットを受けることも可能となっています。

まとめ

三井ダイレクト損害保険と楽天損害保険では、三井ダイレクト損害保険の方がメリットが多く、顧客満足度も高いことがわかりました。
しかし、楽天損害保険でも長期契約ができるというメリットがありますので、それぞれの生活や考え方に合った自動車保険を選ぶことが大切です。

自動車保険料は年齢や車種、等級、年間走行距離など、様々な条件によって変わってきますので、実際に見積もりを取ると、予想よりも保険料が安かったということも多くあります。
自由自動車保険の一括見積もりサービスを利用すると、保険料をすぐに計算してくれて、現在契約中の自動車保険よりも高いか安いかがすぐにわかりますのでおすすめです。
自動車保険料は家計の中でも固定費として大きな割合を占める「費用」ですので、今よりも安くなるのかどうかを確認し、より安く、より良いサービスが受けられる自動車保険を探してみることをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

チューリッヒと三井ダイレクト損害保険ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

アクサダイレクトとSBI損害保険ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

おとなの自動車保険と三井住友海上ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

アクサダイレクトとソニー損保ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

チューリッヒとソニー損保ではどちらの自動車保険がおすすめ?

NO IMAGE

チューリッヒとSBI損害保険ではどちらの自動車保険がおすすめ?