自動車保険の年齢条件を途中変更した場合、差額の金額はどうなるの?返金される?

自動車保険の年齢条件を状況や事情によっては変更しなくてはならないという時もありますよね。

「年齢条件って変更できるの?」

「返金してもらえたらラッキーなんだけど…。」

などというように年齢条件を変更するにあたって様々な疑問が生まれてきますよね。

また、年齢条件を変更するときに知っておいたほうがいいこともいくつかあります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

自動車保険の年齢条件というのは運転者の年齢に合わせて年齢を設定するというものです。 「これで保険料がだいぶ安くなった!」 「保険料が...

では、今回は年齢条件を変更するときについて紹介していきます。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

自動車保険の年齢条件途中変更できるの?

そもそも、自動車保険の年齢条件を途中変更することができるのか?についてですが、結果から言うと条件を変更することは出来ます。

年齢条件を変更しなくてはならないという場面はいくつでもあるかと思います。

では、どんな時に年齢条件を変更したほうがいいのか?というこちについて紹介していきます。

誕生日ですぐに変更した場合

誕生日がきてすぐの場合です。

例えば、今まで21歳の年齢条件を設定していたとします。

誕生日を迎えて、26歳になったので年齢条件というのは26歳以上が適用になります。

しかし、誕生日がきたからといって、保険会社が自動で年齢条件を変更してくれるわけではありません。

自分で年齢条件変更の手続きをしなくてはならないのです。

誕生日を迎えて満26歳になれば年齢条件を26歳以上に変更することができるのですぐにやるようにしましょう。

子どもが独り立ちした場合

子どもが大きくなって独り立ちしたという時が必ずやってきます。

そんなときは子どもがいなくなるので年齢条件を追加したり、もしくは上げることができます。

年齢条件を付けると保険料が大幅に変化します。

例えば、40歳の妻と45歳の夫がいる場合は年齢の低いほうに年齢条件を合わせることになります。

この場合は35歳以上が適用になりますね。

年齢条件というのはその時の状況によって変更することが大切です。

子どもが独立した。誕生日がきて年齢条件の設定を変えれるようになったなどといった場合は早めに変更の手続きを取るようにしましょう。

返金されることってある?

年齢条件を変更して、21歳以上と設定していたのが26歳以上に設定することが可能になった場合、26歳以上と設定していたのが35歳以上に設定することが可能になった場合は保険料が安くなります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

自動車保険を毎月何万円も支払いするのはとても大変ではないですか? 「なんか割引特典とかないのかな?」 「もっと保険料が安くなれば助か...

払っている保険料から返金になることはあるのでしょうか?

返金される場合はと返金されない場合の2パターンあるのでその2パターン紹介していきます。

返金される場合

まずは返金される場合についてです。

返金される場合というのは年単位で保険料を支払いしている場合です。

保険料の支払い方法には何通りかあります。

・月払い
・年間払い

この2つが最も使われている支払い方法なのですが、年間払いの場合は1年分の保険料をすでに一括で支払いしてしまっています。

なので、例えば、5月に26歳の誕生日を迎えたとします。

そのときにすでに年間の保険料を支払いしていたという場合で年齢条件を26歳以上に変更するという時は年齢条件を設定しなおしたことで保険料が安くなった分返金されます。

4月に保険料を一括で支払いしていた場合は4月分はそのままの保険料が取られることになりますが5月分から年齢条件を設定しなおしたことによって安くなった分の保険料が7か月分返金されるというわけです。

返金されない場合

もちろん、返金されない場合があります。

それは月額支払の場合です。

例えば、「5月20日に誕生日が来たので年齢条件を変更した!返金してくれるのか?」

と疑問に持つ人がいます。

しかし、その月の分は返金にはなりません。

次の月から保険料が安くなるだけです。

もし、年間払いをしていて、満期まで支払いをしていれば返金にはなるのですが細かい分は返金にはならないのです。

返金になる場合と返金にならない場合があります。

この2パターンはよく間違えたり、勘違いをしてしまう人がいます。

なので、自分の場合は返金されるのか?返金されないのか?というのを見直しておくことが必要です。

また、満期になったからと言ってそのまま更新するという人もいます。

そのまま更新してしまうと本当はもっと保険料が安くなる場合があるのに見逃しているということです。

更新する際は保険の見直しをしてから更新するようにしましょう。

自動車保険も見直しが必要!

保険料は黙っていても安くなるものではありません。

自動車保険は高いと思っていますよね。

しかし、様々な設定をすることによって保険料を今よりも安くすることができるのです。

また、保険料は保険会社によって違ってきます。

もちろん、年齢条件を変更すると安くはなりますがその安さの幅というのは保険会社によっても違ってきます。

なので、自分の保険会社は本当に安いのか?と比較する意味も込めて他の保険会社の保険料を知っておくことが大切です。

各保険会社の保険料を比べるのに昔であれば、電話して資料請求して…。ということが必要でしたが今はネットの時代です。

自動車保険一括見積もり(無料)」というものがあります。

これを利用すれば、自分の条件をかき出して、保険料を一括で見積もることができるのです。

ぜひ、利用してみてください。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

まとめ

自動車保険の年齢条件を変更するときについて紹介してきました。

自動車保険の年齢条件の変更はすることができます。

もちろん、自分の状況に合わせてしっかりと行なわなくてはなりません。

また、保険料を一括で支払いしていた場合は安くなった分の保険料は返金されます。

なので、年齢条件の変更というのはとても重要です。

保険料が今よりも安くはならないのか?と思っている人は自動車保険一括見積もりを利用してみてください。

今使っている保険会社よりも安い保険に加入することもできます。

ぜひ、参考にしてみてください。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

自動車保険の年齢条件なしで保険料が割高に?メリットデメリットを解説

自動車保険の運転者限定特約って何?保険料の割引率はどのくらいなの?

自動車保険の運転者限定の変更や解除をするにはどうしたらいいの?

自動車保険の運転者限定なしで保険料が割高に?メリット、デメリットを解説

自動車保険の年齢条件って何?保険料の割引率はどのくらいなの?比較します

自動車保険の年齢条件の変更方法ってどうするの?注意点はある?