30代の自動車保険料を安くするコツはある?〇〇で安くなります

 

20代のころと違い、30代になると多くの人が等級も上がり、自動車保険料はだいぶ低くなりますよね。

そのため、30代になると自動車保険料をあまり見直さない人が多いようです。

「今でも結構安いし、安くなってもたかが知れているでしょ」
こう思っている人もいます。

ですが、30代の保険料もまだまだ下げられます。

簡単に保険料が下がる方法があるならやってみたいと思いませんか?
1円でも安いほうがいいに決まっていますよね。

そこで今回はそんな30代の保険料について。

保険料を下げるポイントやさらに大きく保険料を下げる方法を解説します。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

30代の自動車保険料の相場はどのくらい?

30代の自動車保険料は大体どのくらいかご存知でしょうか。

下の図は30代の様々な条件で大手自動車保険会社6社から見積もりを取った、保険料の相場です。

保険条件(対人対物無制限 人身傷害5000万円)
年齢35歳38歳38歳33歳35歳38歳
等級17等級20等級18等級19等級19等級20等級
車種普通車普通車高級車軽自動車軽自動車普通車
免許の色ゴールド免許ゴールド免許ゴールド免許ブルーブルーゴールド免許
車両保険有無車両保険あり車両保険あり車両保険あり車両保険あり車両保険無し車両保険無し
各社保険料
A社25530197402972024250131008950
B社29530226103367025800142209890
C社334702553035460292701582010220
D社347202769039190300301668011360
E社368203094044400302901701012490
F社413203297048480321602150014090
6社平均335652658038486286331638811166

使用状況やそのほかの条件で今保険料は変わってきますのであくまで目安としてみて下さい。

30代になると等級と年齢が高いこともあり、20代のころのように10万前後といった保険料にはなりませんね。
高級車に乗って車両保険を付けても年間40000円前後です。

車両保険を付けない場合、等級や年齢が高ければ10000円を切ってくる保険会社もあるようです。

30代の保険料の相場は大体10000円~40000円くらいですね。
もちろん等級が低かったり、年齢制限を付けない場合は保険料は一気に上がります。

ですが、そういったケースでもない限り、保険料は安いといえるでしょう。

30代の自動車保険料を安くする方法はある?

そんな比較的保険料の安い30代ですがまだまだ下げる余地はあります。

保険料を少しでも下げたい場合は以下の項目を見直してみてください。

・30歳以上・35歳以上補償を設定する
・保険料を一括で支払う
・運転者限定割引
・車両保険の免責額を上げる

30歳以上・35歳以上補償を設定する

自動車保険には車を運転するドライバーの年齢を制限することで、保険料が安くなる制度があります。
21歳以上補償や26歳補償ですね。

この設定されている年齢に満たないドライバーが事故を起こした場合は保険が適用されません。

この年齢設定ですが30代になったら「30歳以上補償」が設定できます。
26歳以上補償と30歳以上補償ではそれほど大きく変わりませんが、それでも確実に安くなります。

もし「年齢制限なし」にしてあった場合、「30歳以上補償」だと保険料が倍以上違ってくることもあります。

この年齢制限ですが、保険会社によってはさらに35歳以上補償という設定を設けている会社もあります。

もちろん35歳未満には保険が適用されなくなりますので、自分しか運転しない、同じ年の友人しか運転しないという場合に限りますが、35歳以上補償を設定することで保険料を安くすることができます。

35歳になると、運転者年齢条件特約を「35歳以上限定」に変更できます。 自動車保険料の運転者年齢条件特約は限定する年齢が高くなるほ...
自動車保険料は、「年齢が上がるほどに安くなる」とよく言われていますね。 とくに35歳は自動車保険料が変わる節目とも言える年齢ですか...

保険料を一括で支払う

自動車保険は多くの会社で年間保険料の一括支払いと分割支払いが選べます。
(会社によります)

ですが分割で支払うと手数料分割高になります。
一括払いと比べて5%前後高くなります。

30代の保険料は安いので、ほとんどの人が一括で支払っているようですが、中には前から分割で面倒だからそのまま分割で支払っている、という人もいるようです。

5%と言えど年間40000円の保険料なら約2000円安くなりますので、保険料は一括で支払うようにしましょう。

運転者限定割引

意外と忘れがちなのがこの運転者限定です。
本人限定や家族限定、配偶者限定といった種類があります。

年齢制限に比べて保険料の割引額はそこまで高くありませんが、運転する人が限定されているなら設定しない理由はありません。

車両保険の免責額を上げる

保険料を大きく左右するのが車両保険です。
先ほどの表で見てもらった通り、車両保険を付けない場合は保険料が10000円を切ることだってあります。

ですが大事な車に万が一のことがあったら、と思うと付けないわけにはいかないですよね。

この車両保険ですが、「免責額」というものが設定されています。
免責額とは、一言でいうと事故の際加入者がどれだけ修理代を負担するか、という「自己負担額」の事です。

例えば事故を起こして修理費が50万かかるとします。
免責額が5万円なら加入者が5万円、保険会社が45万円補償します。

免責額が10万円なら加入者が10万円、保険会社が40万円補償します。
この免責額を5万円から10万円に上げることでも保険料は安くできます。

以上のように、30代の保険料を安くするコツは基本的に「契約内容の見直し」になります。

もし保険料を少しでも下げたい場合は、今一度自分が加入している保険の契約内容を見直してみてはいかがでしょうか。

保険料を大きく下げたい場合は保険そのものを見直そう

実は保険内容を見直す以上に簡単で、保険料を大きく下げる方法があります。

それは「保険会社の乗り換え」です。

実は自動車保険会社というのは加入したら更新し続けなくてはいけないものではなく、更新のたびに乗り換えても全然問題ないんです。

むしろ更新のたびに乗り換えた方が得をすることが多いです。

保険会社を乗り換えることと保険料を下げることに何の関係があるのか。
さきほどの表をもう一回見てみましょう。

赤枠の6社の保険料を見てください。

その中のA社とF社。
この2つの会社の保険料を比較してください。

A社が25530円、F社が41320円。

同じ補償内容にも関わらず保険料に15790円もの差がありますね、
ほかの条件でも同様です。

A社とF社で保険料がかなり違いますね。
中には2倍近く保険料が開くケースもあります。

このように、自動車保険の保険料というのは各社一律ではなく、会社によって全く算出基準が違います。

そのため、人によって、条件によって、会社によって保険料というのはバラバラになります。

今回のケースではA社が安くなりましたが、年齢が違ったり、条件が違ったりした別のケースではF社のほうが安くなる場合だってあります。

本当に安い自動車保険を探す場合は契約内容の見直しだけじゃなく、更新のタイミングで自動車保険会社そのものを見直して、より安い自動車保険会社に乗り換えると保険料はさらに安くなります。

乗り換えで下がるのは保険料だけではなく、乗り換えをすると大きく割引が適用される会社もあります。

例えばインターネット割引。
自動車保険会社大手のアクサダイレクトを例にとります。

アクサダイレクトで自動車保険を更新したとします。

インターネットから契約更新すると保険料が1000円割引になります。

ですが、これが他社からアクサダイレクトへの乗り換えだとどうなるか…

なんと、最大20000円引きです。

新規だと最高20000円も割引がされるのに、更新だとわずか1000円割引です。

これはアクサダイレクトに限った話ではなく、ほかの自動車保険会社でもこのような「新規・乗り換え加入者への優遇割引」をしている会社はたくさんあります。

つまり、基本的に「毎年乗り換えたほうが保険料が安くなる」わけですね。

保険料そのものも下がって、インターネット割引も高い割引が適用されるなら乗り換えにしない理由がありませんね。

なお、満期前に保険会社を途中切り替えすることも可能ですが、更新のタイミングでないと等級が上がりません。
投球が上がらないと保険料が翌年も下がりませんので、途中解約よりはきちんと更新のタイミングで乗り換えを検討しましょう。

安い保険会社を探すデメリット

自分にとって一番安い自動車保険を探すためには、各社から見積もりを取って金額を比較しないといけませんね。

多くの会社から見積もりを取ればとるほど安い保険会社が見つかる可能性があります。

日本には自動車保険会社が約20数社。
この中からできるだけ多くの会社から資料を請求したいところです。

ですが自動車保険の見積もり請求って実は意外と大変です。

見積もりを取るためにはまず以下の書類を用意します。

・自動車保険証
・現在加入中の保険証券
・免許証

書類を用意したら自動車保険会社のホームページにアクセス。

そこで、

・現在加入中の保険会社
・ノンフリート等級
・事故有係数適用期間
・保険の満期日
・車の所有者
・使用目的
・年間走行距離
・ナンバー
・免許証の色
・車種
・生年月日
・メールアドレス
・住所
・補償条件

最低でもこれだけの情報を入力しなければいけません。
かなりの手間ですね。

もちろん多くの会社から見積もりを取るなら、この情報を1社1社入力しなければいけません。

1社で10分としても10社から見積もりを取ろうとしたら1時間半かかります。
時間もそうですが、作業そのものが苦痛です。

これが保険会社の保険料を比較検討するときの最大のデメリットです。

自動車保険を見直すなら自動車保険一括見積りサービス

ところが、この非常に時間のかかる面倒な作業を解消する便利なサービスがあります。
それが自動車保険の一括見積もりサービスです。

自動車保険一括見積りサービスはその名の通り、1回の入力で国内数社の自動車保険会社から見積もりを一括で請求できるサービスです。

このサービスを使えば10分程度の入力を1回するだけで、複数の会社から見積りを取ることができます。

このサービスを使って複数の会社から資料を取り寄せたら、あとは金額を見て比較検討するだけ。
もちろんその他のロードサービスの違いなどで決めてもいいですよ。

どちらにしても複数の会社から一括で見積もりを得られるので、乗り換えの際の比較検討するときに非常に便利なサービスです。

利用はもちろん無料。
各自動車保険会社の広告費で運営されているので、利用者には一切料金負担はありません。

保険の乗り換えをしてもしなくても料金はかかりませんので安心して利用できますよ。

自動車保険更新の際はこの自動車保険一括見積りサービスを使用して自分に合った一番安い保険会社を探しましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

最後に

30代は等級も上がり、年齢制限も設定してあればそこまで保険料は高額になりません。
ですが、それでも細かく契約内容を見直すことでさらに保険料を下げる余地はあります。

しかしそこで見落としがちなのが「保険会社そのものを見直す」ことです。

自動車保険会社の保険料算出基準は会社によって全く違うので、ひょっとしたら今入っている自動車保険会社よりもはるかに安い自動車保険会社があるかもしれません。

保険会社によっては年間保険料が半額近く安くなるケースだってあります。

今加入している保険会社が本当に最安なのか。
それは見積もりを取ってみて比較検討してみないとわかりません。

もしあなたが保険の更新の時期を迎えて、自動車保険をもっと安くしたいと思っているならぜひ自動車保険の一括見積もりサービスを利用してみてください。

複数の自動保険会社から見積もりを取ってみることで、あなたの条件に合った最安の自動車保険が見つかるかもしれません。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

30代と言えば自動車保険料も比較的落ち着いてきて、ほとんどの方が年間数万円程度ではないでしょうか。 ですが、家計も苦しいこのご時世...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

30代の自動車保険料の最安値はどこ?比較しランキングにしました

NO IMAGE

30代の自動車保険料の相場は?月額いくら?普通車、軽自動車別に解説

NO IMAGE

35歳以上限定の自動車保険料の相場は?月額いくら?普通車、軽自動車別に解説

NO IMAGE

35歳になったら自動車保険料は下がるの?手続きって何か必要?