40代で初めて自動車保険に加入する方必見。安い保険を見つけるコツを解説

 

40代は、自動車保険を比較的安く利用することができる年代です。
40代は若年層に比べて事故を起こす確率が低く、低いリスクに見合った保険料が設定されています。
ただし、年齢による保険料の割引率は保険会社によって異なるため、40代の人が安く保険を利用したい場合は、割引率の大きな保険会社を選ぶことが大切です。

若い頃に免許を取得していても、それまで車を購入する機会がなく、40代で初めて自動車保険に加入する人も多くいます。
今回は、そんな40代で初めて自動車保険を利用する人がチェックしておきたい自動車保険を安くするためのポイントをご紹介します。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

40代で初めて自動車保険に加入する際に注意したいポイント

自動車保険に新規加入する際にチェックすべき点は数多くありますが、まずは40代の人が特に注意したいポイントをご紹介します。

40代の割引率が高い保険会社を選ぶ

自動車保険に新規加入する場合は、保険料の算定基準となる等級が低いため、無事故で自動車保険に長く加入している人に比べると保険料が高くなります。
しかし、40代は保険料が安く設定されており、若年層に比べると新規加入でも安めの保険料で自動車保険を利用できます。

自動車保険の保険料は運転者の年齢によって変化しますが、その割引率は保険会社によって差があります。
40代で自動車保険に新規加入する際には、40代の保険料が特に低めに設定されている保険会社を選ぶと、保険料を節約することができます。

年齢条件をつけることで自動車保険は安くなる

自動車保険は、運転者の年齢条件を設定することで保険料の割引が受けられます。
年齢条件は、「全年齢対象」「21歳以上」「26歳以上」「35歳以上」に分かれているのが一般的で、「35歳以上の」代わりに「30歳以上」としている保険会社も多くあります。

より厳しい年齢条件を設定すれば、それだけ保険料は安くなります。
これは、歳をとると事故を起こすリスクが低くなることが、統計的に確認されているためです。

年齢条件による保険料の割引率は保険会社によって異なりますが、大まかな割引率は以下の通りです。

年齢条件割引率
30歳/35歳以上62%-75%
26歳以上61%-73%
21歳以上40%-55%
全年齢対象0%

40代の人は、「30歳以上」や「35歳以上」といった保険料が最も安い年齢区分に該当するため、保険料の大きな割引を受けることができます。

年齢条件による割引率は保険会社によって差がある

表に記載の通り、高い年齢条件を設定するほど保険料は安くなります。
ただし、その割引率は保険会社によって異なり、年齢による保険料の金額差が大きい保険会社がある一方で、差が小さいところもあります。

例えば、ソニー損保は「30歳以上」に運転者の年齢を制限すると約75%の割引を受けることができます。
それに対して三井住友海上は、「35歳以上」に設定しても割引率は約62%です。

年齢による保険料の差が少ない自動車保険は、若い年代の人が利用するとお得です。
しかし、40代の場合は、年齢による保険料の差が大きな保険会社を選んだ方が保険料を抑えることができます。

40代の保険料が特に安く設定されている保険会社もある

年齢による保険料の割引率は保険会社によって異なります。
保険会社の中には、40代の保険料を特に低く設定しているところもあります。

例えば、「おとなの自動車保険」は、40代と50代の保険料をほかの年代に比べて低く設定している保険会社です。
なお、おとなの自動車保険では「○歳以上」といった大まかな年齢区分は採用されておらず、1歳刻みで保険料が算定されています。

自動車保険料の算定には多くの要因が関係するため、40代の保険料が安めに設定されている保険会社が常に最も安いとは限りません。
しかし、ほかの会社と比べて安くなる可能性も高いので、40代で自動車保険を探している場合は、そうした40代がお得に利用できる保険会社を忘れずに選択肢に入れるようにしましょう。

自分にあった割引サービスが利用できる会社を選ぶ

40代は、若年層に比べて割引サービスを利用できる機会が増えます。
例えば、車の免許を若い頃に取得していて普段は車を運転していなければ、免許証はゴールド免許になっているでしょう。
ゴールド免許であれば、自動車保険料の割引を受けることができます。

また、代表的な割引サービスには「エコカー割引」「ASV割引(自動ブレーキ割引)」「セカンドカー割引」などがあり、40代は若い頃に比べてそうした割引サービスを受けられる車を購入するケースが多いです。

自分にあった割引サービスを提供していて、その割引率が高い保険会社を利用すれば、保険料を節約することができます。
例えば、ゴールド免許の割引率は保険会社によって異なり、一桁台の割引率の会社もあれば20%程度の割引が受けられる会社もあります。

40代は割引サービスを利用できるケースが多いため、なるべくお得な割引を受けられるよう保険会社選びの際には注意しましょう。

一括見積もりサービスを利用して保険会社を効率的に探す

40代で自動車保険に加入する際には、年齢による保険料の割引率が高い保険会社や、自分にあった割引サービスを利用できる保険会社を選ぶことが大切です。
しかし、保険会社は数多くあり、各会社の割引率やサービスを個別に確認するのは大変です。

なるべく安い保険会社を探すために利用したいのが、ネットで利用できる「自動車保険の一括見積もりサービス(無料)」です。
一括見積もりサービスを利用すれば、多数の保険会社の見積もりを簡単に確認できます。

自動車保険の保険料はさまざまな要因によって左右されるため、見積もりをとる際には数多くの情報を入力する必要があります。
各保険会社のホームページでも見積もりを確認できますが、1社ごとに情報を入力するのはとても大変です。

一括見積もりサービスを利用すれば、1回情報を入力するだけで多くの保険会社の見積もりをとることができ、各社の比較を簡単に行えます。
情報入力の手間と時間を大幅に削減できるため、とても便利です。

一括見積もりサービスは、手数料などがかからず無料で利用できます。
利用者にデメリットがないため、保険会社を探す際には積極的に利用したいサービスです。

詳しくはこちらをどうぞ。

40代の保険料が一番安い保険会社を調べてみる(無料)

自動車保険の保険料を安くするコツ

自動車保険に加入する際に、年齢に関わらず注意しておきたいポイントがあります。
自動車保険料をなるべく安く抑えるコツをご紹介します。

ダイレクト型保険を利用する

自動車保険には、保険代理店の担当者が対面で手続きを行う「代理店型」と、インターネットや電話で保険会社と直接契約する「ダイレクト型」の2種類があります。

代理店型の自動車保険は、代理店手数料や人件費、店舗経費などが保険料に上乗せされており、保険料が高めです。
それに対してダイレクト型は、そうした経費がかからないため保険料が安めです。

初めて自動車保険に加入する場合は分からないことも多いため、担当者に相談できる代理店型の保険を選ぶのもひとつの手です。
しかし、保険料を抑えたいのであれば、ダイレクト型を選んだほうが安くなるケースが多いです。

自動車保険を選ぶ際には、代理店型だけでなく、ダイレクト型の自動車保険の見積もりも複数確認して、保険料の違いを確かめてみることをおすすめします。

自動車保険にはダイレクト型(通販型)と代理店型がありますが、どのような違いがあるのか、メリットデメリットは何なのかご存知ですか? これ...

運転者の範囲と年齢条件を正しく設定する

自動車保険は、契約車両を運転する人を制限したり、年齢条件を設定したりすることで保険料を抑えることができます。
自動車保険を利用する際には、そうした条件を適切に設定することが大切です。

運転者の範囲を検討する

運転者の範囲は、「本人限定」「本人・配偶者限定」「家族限定」「限定なし」といった区分が一般的です。
「本人限定」や「本人・配偶者限定」に設定すれば、保険料が7-8%程度安くなります。

運転者の範囲に含まれていない人が事故を起こすと、補償を受けることができません。
しかし、運転の頻度が低い場合であれば、あえて運転者の範囲に含めないのもひとつの手です。

現在、1日単位で加入できる保険が複数の保険会社から販売されており、スマートフォンなどから手軽に申し込むことができます。
同居家族がごく稀に運転するだけであれば、通常の自動車保険の範囲に含めずに、運転するときだけ1日単位の保険に加入したほうが、保険料を抑えることができる場合があります。

自分以外の家族も車を運転する場合は、運転する頻度を考慮して、自動車保険の範囲に含めるかどうか検討しましょう。

自動車保険は色々と種類があります。 また、自動車保険は自分のスタイルに合わせて様々なことを設定することができます。 設定の仕方によっ...

年齢条件を正しく設定する

先述の通り、自動車保険は年齢条件を設定すると保険料の割引を受けることができます。
保険料を安くするためには、年齢条件をなるべく高く設定することが大切です。

40代になると、早い人は子供が運転を始める場合があります。
子供が車を運転する場合は子供も運転者の範囲に含める必要がありますが、その際には年齢条件を低く設定する必要があるため、保険料が大幅に高くなります。
そのため、子供が運転する頻度が低ければ、通常の自動車保険の範囲に子供を含めずに、運転するときだけ1日単位の保険を利用するのもひとつの手です。

また、年齢条件は別居の未婚の子供には適用されないことに注意しましょう。
運転者の範囲を「家族限定」にしていれば、別居の未婚の子供も補償範囲に含まれます。
その際には、子供が別居で未婚であれば年齢条件の範囲に含まれないため、「35歳以上」などの高い年齢条件に設定することが可能です。

例えば、「35歳以上・家族限定」の自動車保険であれば、別居の未婚の子供(20歳)が帰省時に車を運転して事故を起こしても補償を受けることができます。
別居の未婚の子供が帰省時に車を運転するときのために、「全年齢対象」に年齢条件を設定する必要はありません。

年齢条件や運転者の範囲はやや複雑なため、設定に迷った場合は保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。
家族構成や利用状況を説明すれば、適切な設定方法を保険会社が教えてくれます。

自動車保険を毎月何万円も支払いするのはとても大変ではないですか? 「なんか割引特典とかないのかな?」 「もっと保険料が安くなれば助か...

走行距離で保険料が変化する自動車保険の利用を検討する

保険会社の中には、年間走行距離で保険料が変化する自動車保険を提供しているところもあります。
車を通勤に使わない場合など、走行距離が短い人の場合は、そうした自動車保険を利用することで保険料を大幅に節約できる場合があります。

保険料の算定方法は保険会社によって大きく異なるため、自動車保険に初めて加入する際には、さまざまなタイプの保険会社の見積もりを確認することが大切です。

自動車保険の保険会社の中には、「年間走行距離」に応じて保険料を決める会社があります。 そうした自動車保険では、年間走行距離が少ないほど...

保険料の支払いは一括払いを選ぶ

自動車保険はほとんどが1年契約であり、保険料の支払い方法には1年分の一括払いと月ごとの分割払いがあります。
分割払いにすると、一括払いに比べて保険料の支払い総額が5%程度増えてしまいます。
手元資金に余裕があって分割払いにする必要がない場合は、一括払いを選択するようにしましょう。

補償内容を精査する

保険料をなるべく低く抑えたい場合は、自動車保険の補償内容を精査して、既存の保険と重複している補償や過剰な補償がないかよく確認しましょう。
ただし、必要な補償まで省いてしまわないよう注意が必要です。

特に、自分の車の修理費が補償される車両保険は、保険料の大きな割合を占めています。
車両保険をなしにしたり、補償範囲が限定されたエコノミー型の車両保険に変更したりすれば、保険料を大幅に削減することができます。

新車を購入する場合はなるべく車両保険をつけるべきですが、修理費を自己資金でまかなえる場合や、年数が経過した中古車を購入する場合は、車両保険をつけないのも選択肢のひとつです。

なるべく多くの保険会社の見積もりを比較する

自動車保険を提供している保険会社は数多くあり、それぞれの会社で保険料の算定方法や提供されているサービスに差があります。
なるべく安い保険会社をみつけるためには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが大切です。

保険会社を探す際には、代理店型やダイレクト型、走行距離によって保険料に差がある保険など、さまざまなタイプの保険会社の見積もりを確認するようにしましょう。
多くの保険会社の見積もりを確認することで、より安価で自分にあった保険がみつかりやすくなります。

保険会社の見積もりを確認する際には、「自動車保険の一括見積もりサービス」を利用すると、情報を入力する手間が省けて便利です。
なるべく多くの保険会社を比較して保険料を安く抑えるために、一括見積もりサービスを積極的に利用しましょう。

自動車保険料は、事故を起こさなければ運転歴が長くなるごとに年々少しずつでも安くなっていくものです。 しかし、「もっと安くならないか...

まとめ

自動車保険は年齢条件によって保険料が割引されますが、その割引率は保険会社によって異なります。
40代の人が自動車保険に新規加入する際には、40代の保険料が低めに設定されている保険会社を選ぶようにしましょう。
また、40代はゴールド免許割引などの割引サービスを受ける機会が増えるため、そうした割引サービスが多く適用される保険会社を選ぶのも重要です。

保険料をなるべく安くする一般的なコツとして、「ダイレクト型保険を利用する」「なるべく多くの保険会社を比較する」ことなどが挙げられます。
40代で自動車保険に新規加入する際には、そうした点にも注意して保険会社を選びましょう。

保険会社を選ぶ際には、「自動車保険の一括見積もりサービス」を利用すると、多くの会社の見積もりを手軽に比較できて便利です。
40代で自動車保険の新規加入を考えている人は、より安い保険をみつけるために、いちど保険料の見積もりを確認してみることをおすすめします。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

自動車保険の保険料は年齢によって変化します。 40代は、若い頃よりも保険料が大幅に安くなり、おトクに自動車保険を利用できます。 長い...
40代は若年層に比べて保険料が安く設定されています。 年齢による割引率は保険会社によって異なるため、40代の人は自動車保険を見直してみ...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

40代の自動車保険料の相場は?月額いくら?普通車、軽自動車別に解説

NO IMAGE

40代の自動車保険料を安くするコツはある?〇〇すると安くなります