40代の自動車保険料を安くするコツはある?〇〇すると安くなります

 

40代は若年層に比べて保険料が安く設定されています。
年齢による割引率は保険会社によって異なるため、40代の人は自動車保険を見直してみると、保険料が大幅に安くなる場合があります。
40代の人は、いちど保険を見直してみることをおすすめします。

また、40代になると、早い人では子供が自動車の運転を始める場合があります。
そうした場合には、等級の引継ぎを行ったり、運転者を適切な範囲になるよう注意したりすることで、保険料を大幅に削減できる場合があります。

今回は、40代の人が自動車保険の保険料をなるべく安くするためのポイントをご紹介します。

保険料の相場についてはこちらをご覧ください。

自動車保険の保険料は年齢によって変化します。 40代は、若い頃よりも保険料が大幅に安くなり、おトクに自動車保険を利用できます。 長い...

それではどうぞ。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

40代がなるべく安く自動車保険を利用するには?

保険料を安くするためのポイントにはさまざまなものがありますが、まずは40代の人に特にあてはまるポイントをご紹介します。

40代の保険料が割安な保険会社を探す

自動車保険は、運転者の年齢条件を設定することによって保険料の割引を受けることができます。
年齢条件による割引率は保険会社によって異なるため、40代の保険料を安めに設定している保険会社を利用すれば、保険料を低く抑えることができます。

年齢区分ごとの割引額は保険会社によって異なる

年齢条件の基準は、「全年齢対象」「21歳以上」「26歳以上」「35歳以上」に分かれているのが一般的です。
「35歳以上」の代わりに「30歳以上」としている保険会社も多くあります。
また、そうした年齢区分を設定せず、1歳刻みで保険料を計算している保険会社もあります。

年齢区分ごとに保険料が異なるのは各社共通ですが、保険料の割引率は保険会社によって差があります。
年齢区分による保険料の差が大きい保険会社がある一方で、保険料の差が小さい保険会社もあります。

例えば、ソニー損保は「30歳以上」に運転者の年齢を制限すると、年齢を制限しなかった場合に比べて保険料が約75%割引されます。
それに対して三井住友海上は、「35歳以上」の年齢条件でも約62%の割引額にとどまります。

40代の人が保険会社を選ぶ場合には、年齢区分による保険料の差が大きい保険会社を選んだほうが、保険料を低く抑えることができます。
同じ自動車保険会社を長く利用している40代の人は、いちど他社と保険料を比較してみることをおすすめします。

自動車保険を毎月何万円も支払いするのはとても大変ではないですか? 「なんか割引特典とかないのかな?」 「もっと保険料が安くなれば助か...

40代の保険料を特に安く設定している保険会社もある

年齢による保険料の割引額は保険会社によって異なり、40代の保険料を特に安く設定している保険会社もあります。

例えば、セゾン自動車火災保険が提供している「おとなの自動車保険」は、40代と50代の保険料をほかの年代に比べて安めに設定しています。
また、同保険では「○○歳以上」といった年齢区分は採用されておらず、1歳刻みで保険料が計算されています。

保険料の算定にはさまざまな要因が関係しているため、40代の保険料を安く設定している保険会社だからといって、他社よりも保険料が安くなるとは限りません。
しかし、保険料が大幅に安くなる可能性もあるため、40代の人が保険会社を探す場合は、「おとなの自動車保険」のような40代の保険料が安く設定されている保険会社の見積もりも忘れずに確認したいところです。

自分にあった割引サービスが受けられる保険会社を利用する

40代になると運転歴が長くなるため、無事故であればゴールド免許になっている人が多いでしょう。
ゴールド免許になると保険料の割引が受けられますが、その割引率は保険会社によって異なります。
一桁台の割引率の保険会社がある一方で、20%程度の割引が受けられる保険会社もあります。
ゴールド免許の場合は、より高い割引率を設定している会社を選ぶことで、保険料を低く抑えることができます。

自動車を運転する人であれば、ほとんどの人が自動車保険へ加入するでしょう。 殆どの自動車保険では、保険対象である車両のメインドライバ...

また、各保険会社によって提供されている割引サービスは異なります。
主な割引サービスには、エコカー割引セカンドカー割引ASV割引(自動ブレーキ割引)などがあります。
40代になると、こうした割引サービスを受けられる車を購入するケースが増えてきます。

自分の車や利用状況にあった割引サービスが提供されていて、その割引率が高い保険会社をみつけることができれば、ほかの保険会社を利用するよりも保険料を節約することができます。
40代で自動車保険を選ぶ際には、なるべく保険料が安くなるよう、自分にあった割引サービスを提供している保険会社を探すことが大切です。

保険会社を比較する際には一括見積もりサービスを利用する

40代で保険会社を選ぶ際には、40代の保険料を安く設定している保険会社や、自分にあったサービスを提供している保険会社を選ぶと、保険料が安くなる場合が多いです。
しかし、保険会社は数多くあり、個々の保険会社の保険料やサービス内容を確認するのは手間がかかります。

保険会社を比較する際に利用したいのが、ネットで利用できる「自動車保険の一括見積もりサービス(無料)」です。
一括見積もりサービスは、その名の通り、多くの保険会社の見積もりを一括で確認できるサービスです。

自動車保険の保険料にはさまざまな要因が関係しており、見積もりをとるためには多くの情報を入力する必要があります。
各保険会社のホームページでも見積もりを確認できますが、1社ごとに情報を入力するのはとても大変です。

一括見積もりサービスを利用すれば、1回の情報入力で多くの保険会社の見積もりをとることができ、時間と手間を大きく省くことができます。
一括見積もりサービスは無料で利用できてデメリットもないため、保険会社を比較する際には積極的に利用したいお得なサービスです。

詳しくはこちらをどうぞ。

40代の保険料が一番安い保険会社を調べてみる(無料)

40代で家族がいる場合に自動車保険料を安くするコツ

40代の人の中には、車を配偶者などの家族と一緒に使用している人も多いでしょう。
40代になると、早い人では子供が免許を取得して車の運転を始める場合があります。

そうした運転者が自分以外にもいる場合には、自動車保険の「運転者の範囲」や「年齢条件」を正しく設定することが大切です。
家族の運転する頻度や同居の有無によっては、そうした設定を変更することで保険料を安くできる場合があります。

また、家族が新たに車を購入する際には、等級の引継ぎを行うことで保険料を大幅に節約することも可能です。

1日単位で加入できる保険の利用を検討する

自分以外の家族が車を運転する場合には、自動車保険の運転者の範囲を実際の利用状況に即したものに変更する必要があります。
例えば、高校を卒業した子供が免許を取得して車の運転をする場合には、運転者の範囲に子供を加える必要があります。

しかし、子供は年齢が若いため、21歳になるまでは「全年齢対象」に年齢条件を変更する必要があります。
それまで「35歳以上」などの年齢条件で自動車保険を利用していた場合は、「全年齢対象」にすると保険料が2倍以上になってしまいます。

そうした場合に利用を検討したいのが、1日単位で加入できる自動車保険です。
1日単位で利用できる自動車保険は複数の保険会社から提供されており、スマートフォンなどから気軽に申し込むことができます。
子供が車を運転する頻度が低ければ、運転する日だけそうした保険に加入することで、従来の自動車保険の年齢条件を「35歳以上」などの高い年齢のままにしておくことができます。

子供が運転を始める場合には、子供が車を運転する頻度を考慮して、従来の保険の範囲に子供を加えるべきか検討しましょう。
運転頻度によっては、子供を保険の範囲に加えないことで保険料を大幅に安くできる場合があります。

年齢条件をなるべく高く設定する

家族を運転者の範囲に加えている場合は、年齢条件が適切に設定されているかチェックして、年齢条件をなるべく高く設定するようにしましょう。

年齢条件は、「全年齢対象」「21歳以上」「26歳以上」「35歳以上」などに分かれているのが一般的です。
年齢条件が厳しくなるほど保険料が安くなるため、年齢条件は可能な限り高い年齢に設定することが大切です。

子供や配偶者の年齢に注意

配偶者や子供の年齢の変化は見逃されやすいため、注意が必要です。
家族が誕生日を迎えて年齢条件を高く設定できるのにも関わらず、変更せずにそのままにしているケースはよくあります。

例えば、子供を運転者の範囲に加えて年齢条件を「全年齢対象」に設定している場合は、子供が21歳の誕生日を迎えたら、年齢条件を速やかに変更するようにしましょう。
「全年齢対象」から「21歳以上対象」に年齢条件を変更すると、「40%から55%程度」の保険料の割引を受けることができます。
この割引率は非常に大きく、条件変更が遅れると保険料を損してしまいます。

また、配偶者が35歳未満で「26歳以上」に設定していた場合も、35歳の誕生日を迎えたら、忘れずに保険会社に連絡して保険の条件変更を行いましょう。

年齢条件を高く設定すると保険料が安くなるため、保険料を一括払いしていた場合は差額の保険料が払い戻されます。
なるべく保険料を安くするために、家族の誕生日と年齢をしっかりとチェックして、年齢条件が変更できる場合は速やかに手続きすることが大切です。

別居の未婚の子供がいる場合には特に注意

年齢条件に特に注意が必要なのが、子供が進学などで親と別居する場合です。

自動車保険の運転者の範囲を「家族限定」に設定すると、「本人・本人の配偶者・同居の親族」に加えて、「別居の未婚の子供」まで補償を受けられます。
別居の未婚の子供が帰省時などに車を運転して事故を起こしても、「家族限定」に運転者の範囲が設定されていれば補償を受けることができます。

注意が必要なのは、自動車保険の年齢条件は別居の未婚の子供に適用されないという点です。
例えば、「家族限定・35歳以上」に設定していた場合に、20歳の別居の未婚の子供が帰省時に車を運転して事故を起こしても、補償を受けることができます。

「年齢条件は別居の未婚の子供に適用されない」という点は見逃されがちで、「35歳以上」などに設定できるのにも関わらず、「全年齢対象」などの年齢条件になっているケースがよくあります。
年齢条件を設定できれば保険料が大幅に安くなるため、別居の未婚の子供がいる場合は自動車保険の年齢条件をチェックしてみましょう。

なお、年齢条件は同居家族には適用されるため、「家族限定・35歳以上」に設定していて20歳の同居の子供が事故を起こした場合は、補償を受けることができません。

年齢条件の適用に関しては少し複雑なため、迷った場合は保険会社に問い合わせてみましょう。
具体的な家族構成や車の利用状況を説明すれば、適切な年齢条件を教えてくれます。

家族が新しい車を購入する際には等級の引継ぎを検討する

自動車保険は、配偶者もしくは同居家族に等級を引き継ぐことができます。
子供などの同居家族が免許を取得して新しい車を購入する場合には、等級の引継ぎを検討しましょう。

例えば、親が20等級で、同居している18歳の子供用の車を購入する場合を考えてみましょう。
子供が自動車保険を新規に契約すると、6等級からのスタートで年齢条件が「全年齢対象」になるため、保険料がとても高額になります。

この場合、20等級の親の保険を子供に引き継ぐことで、子供の保険料を大幅に引き下げることができます。
親は別の保険に新規加入する必要がありますが、年齢条件の設定やゴールド免許の割引などで保険料を抑えることが可能です。

場合によって異なりますが、等級を引き継ぐことで、トータルで数万円単位の保険料を節約できるケースも珍しくありません。
家族が新しく車を購入する際には、等級の引継ぎができないか検討してみることをおすすめします。

以上のように、家族がいる場合には、運転者の範囲や年齢条件、等級の引継ぎなどに注意することで、保険料を節約できる場合があります。
そうした節約のチャンスを逃さないよう、子供の免許の取得や車の購入、進学による別居などの機会には、自動車保険をしっかりと見直すことが大切です。

等級というのはとても重要なものです。 等級は6等級からスタートします。 最初は割引というのはありませんが等級が上がっていくと割引率も...

自動車保険料を安くする一般的なコツ

40代で特に注意したい自動車保険の節約ポイントをご紹介しましたが、自動車保険をなるべく安く利用するためには、年齢に関わらずチェックしておきたいポイントもあります。
これまでにご紹介したポイント以外の自動車保険料を安くする一般的なコツには、以下のようなものがあります。

・電話やネットで申し込むダイレクト型保険を利用する
・保険料の支払いを一括払いで行う
・なるべく多くの保険会社を比較する
・不必要な補償や重複する補償をなるべく省く
・車両保険をなしにするか補償範囲を限定する
・車の使用目的を適切なものに設定する

40代の人は、以上の点にも注意して自動車保険を見直してみることをおすすめします。

まとめ

保険料は年齢によって変化しますが、年齢による割引率は保険会社によって異なります。
そのため、40代で自動車保険を見直す際には、40代の保険料が特に安く設定されている保険会社を選ぶと保険料を節約できる場合があります。
また、自分にあった割引サービスが受けられるかどうかチェックすることも大切です。

保険会社を比較する際には、一括見積もりサービスを利用すると、多くの保険会社を手軽に比較できるためおすすめです。

家族がいる場合には、自動車保険の運転者の範囲や年齢条件を適切に設定したり、等級の引継ぎを行ったりすることで、保険料を大幅に安くできる場合があります。
年齢条件の設定や等級の引継ぎはやや複雑なため、迷った場合は保険会社に問い合わせてみましょう。

40代で自動車保険を利用している人は、今回ご紹介したポイントを参考にして、いちど自動車保険を見直してみることをおすすめします。
まずは一括見積もりサービスを利用して、どれくらい保険料が安くなるのかチェックしてみましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

40代は、自動車保険を比較的安く利用することができる年代です。 40代は若年層に比べて事故を起こす確率が低く、低いリスクに見合った保険...
損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

40代で初めて自動車保険に加入する方必見。安い保険を見つけるコツを解説

NO IMAGE

40代の自動車保険料の相場は?月額いくら?普通車、軽自動車別に解説