自動車保険の新規契約って運転する何日前までにしなければいけないの?

 

自動車保険の新規契約を行う場合、納車の何日くらい前までに手続きを行えば良いのでしょうか。
自動車保険なしに車を運転するのは非常にリスクが高い行為ですので、「自動車保険は加入後いつから有効になるのか」ということをしっかりと理解しておき、早めに加入することが大切です。
自動車保険の契約が有効になるまでの日数は、代理店型自動車保険と通販型自動車保険で違いがありますので、それぞれ何日前までに契約しなければいけないのかをしっかりと理解しておきましょう。

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

自動車保険の加入は運転の何日前までにする必要がある?

自動車保険の加入後、いつからその保険が使えるようになるのかを理解しておくことは大切ですが、契約する自動車保険の種類によってかかる日数が違いますので注意が必要です。

自動車保険には代理店型と通販型があり、最近は通販型の自動車保険が増えています。代理店型は従来のように、セールスを通して契約を行う自動車保険です。通販型自動車保険とは、近年利用者が増えている、インターネットや電話を通じて契約を行う自動車保険です。この通販型自動車保険は、セールスや店舗のコストがかからないため、保険料がとても安く設定されている保険で、とても人気があります。これら二つの自動車保険の開始日は、どのようになっているのかを詳しく見ていきます。

通販型自動車保険の開始日は、約1日後

通販型自動車保険は、

① 申込手続き
② 保険料の支払い

の二つが完了した日の、次の日の午前0時が保険開始日と定めている保険会社が多いです。

例えば、1日のお昼間に申し込みと支払いが終われば、2日の0時から保険開始となります。申し込みをした瞬間から保険開始とはなりませんが、以前に比べると格段に速くなりました。

ただし、これは保険料をクレジット払いにした場合に限られます。保険料の支払いをコンビニ払いや銀行振込にした場合は、保障開始日の14日前までに申し込む必要があるなど、保険会社によって違いはあるものの、クレジット払いに比べてかなり時間を要する仕組みとなっています。

申し込み後できるだけ早く保険を開始したい場合は、支払いはクレジットカードにしましょう。

代理店型自動車保険の開始日は最短で当日から二日ほど

代理店型の自動車保険の場合、通販型に比べて手間がかかることがデメリットです。自動車保険の契約の流れとしては

① 自動車保険のセールスと会って、保険内容を検討
② 契約書を記入し、セールスに手渡しもしくは郵送する
③ セールスが、受け取った契約書をもとに、保険会社のシステムにアクセスし、個人情報等を入力し、不備がなければ完了

となり、通販型自動車保険と比べて、契約までのプロセスが多いため、手続きのための時間がかかってしまう傾向があります。

また、代理店型自動車保険の場合は、最短で当日加入できる可能性はあるものの、「保険開始日の二日前までに集金する」ことが推奨されており、その保険会社を初めて利用する場合は、時間がかかる場合もあります。通販型自動車保険の場合は、どんな人でも「契約日の次の日の午前0時」と定められているのに比べると、代理店型自動車保険の保険開始日ははっきりと決まっていませんので、セールスの人にきちんと確認することが大切です。

代理店型と通販型自動車保険の支払い方法に違いはある?

通販型自動車保険で、できるだけ早く保険を開始したい場合は、クレジットカード払いにする必要があります。

しかし、代理店型自動車保険は、そもそもクレジットカード支払いを受け付けていないところがほとんどです。通販型と代理店型では支払い方法の種類に差があり、通販型の方が、圧倒的に利便性が高くなっています。

通販型代理店型
クレジットカード決済×
コンビニ決済×
ネットバンク決済保険会社による×
銀行振込
現金×

代理店型は銀行振込か現金のみですが、通販型はバラエティ豊かな支払い方法が用意されているのがメリットです。

特に、クレジットカード決済ができると、カード会社のポイントを貯められるのが魅力です。自動車保険料は、一年を通してかなりの額になりますから、多くのポイントを貯めることができるでしょう。

通販型の自動車保険は、支払い方法によって申込期限が異なる

通販型自動車保険は、様々な支払い方法を選ぶことができますが、支払い方法によって「申し込み期日」が異なりますので注意が必要です。

例えば、コンビニ決済を選択する場合は、「申し込み期限は保険開始日の14日前」、「支払い期限は保険開始日の前日まで」と定められています。

これは、保険料の支払い自体は前日までに行えば良いのですが、保険の申し込みそのものは、希望する保険開始日の14日前までに済ませておかなければならないということになります。

申し込みから保険開始日まで一番スムーズに手続きができるのは、クレジットカード決済ということになります。特に、コンビニ決済と銀行振込は2週間前までに申し込みをしなければなりませんので、注意が必要です。

支払期限申し込み期限
クレジットカード決済保険開始日の前日まで保険開始日の前日まで
コンビニ決済保険開始日の前日まで保険開始日の14日前まで
ネットバンク決済保険開始日の二日前まで保険開始日の2日前まで
銀行振込保険開始日の前日まで保険開始日の14日前まで

自動車保険で申し込み当日から有効になるものはある?

自動車保険で即日申し込みできるものはあるのでしょうか?自動車保険を申し込んでから有効になるまで数日かかってしまうのではと考える人も多いのですが、実際はどうなのか、「通販型」と「代理店型」のそれぞれで見ていきましょう。

通販型自動車保険は即日申し込みできる?

安さでは定評がある通販型自動車保険ですが、申し込んだ瞬間から有効になるものはなく、最短でも「申し込み日の翌日0時からスタート」という仕組みになっています。例えば、1日の朝9時に申し込んだ場合、自動車保険が有効になるのは2日の午前0時からということになります。

もしも1日の午前0時に申し込みをした場合は、自動車保険が有効になるまでは丸1日かかってしまうことになりますし、逆に1日の夜の11時50分に申し込みとクレジット支払いの手続きが終われば、10分後にはその保険が有効になりますので、ほぼ即日と言っても差し支えないでしょう。つまり、申し込みが完了する時間によって差があるということになりますが、長くかかったとしても1日後には保険が有効になるということになります。

代理店型自動車保険は即日加入できる場合もある

代理店型自動車保険は、事務処理が完了すれば自動車保険が有効になる仕組みですので。

① 申し込み後すぐに事務処理を行ってくれる担当者がいる
② 車検証と運転免許証がある

の2点をクリアしていれば、即日加入できる場合があります。しかし、保険会社の代理店の窓口は夕方(15時~17時頃)にしまってしまうことが多いので、少なくともそれまでには手続きを済ませなければなりません。

もともと面識がある担当者がいれば事務処理を当日中に行ってくれるように頼むことができますが、しっかりとした担当者がついていない場合は、書類を提出しても当日中に事務処理を終わらせてくれるとは限りません。

もしも事務処理が終わらなかったり、後回しにされてしまった場合は、当日加入は難しくなる場合があります。

このように、代理店型自動車保険は、担当者の事務作業のスピードによって左右されてしまうので、「当日に補償を開始させたい」ということを、担当者にはっきりと伝えることが大切です。

このように、理論的には自動車保険の当日加入が可能といえる「代理店自動車保険」ですが、実際は、大手ディーラーでの新車の店頭納車を除いて、保険開始日の二日前までに書類と保険料の集金を行うことを推奨しているところがほとんどのようです。

なぜならば、保険加入日当日に保険を開始し、もしも事故を起こした場合、手続きに非常に手間がかかるため、代理店側が、申し込み当日開始の保険契約には慎重になっているからです。

また、事故を起こした後にこっそりと保険に入り、不正に保険金を受け取ろうとする人も存在することから、そのような不正を防ぐ意味もあり、入会当日の保険開始は認めていないところがほとんどのようです。

特に、はじめてその保険会社の自動車保険に加入する場合は、申し込み当日に保険が有効になることはほぼないと考えられますので、余裕をもって申し込むことをおすすめします。

通販型自動車保険の契約が難しい場合はあるの?

自動車保険は、基本的には誰でも契約することができますが、保険料を非常に安く抑えている「通販型自動車保険」の場合、リスクが高いと思われる人は契約ができないこともあります。

具体的には、

① 前回の保険期間中に事故を2度以上起こすなど「保険金の支払いリスクが高い」と思われる人
② 加入時の等級が1等級から5等級の割増契約者の人
③ 契約車が改造車である

というような場合、通販型自動車保険の加入は難しい場合があります。このような場合は、代理店自動車保険を選択し、担当者とよく相談しながら自動車保険の種類や補償内容などを決めるようにしましょう。

簡単に申し込みができるのは通販型自動車保険

代理型自動車保険と通販型自動車保険を比べた場合、セールスを介さずに契約ができる通販型自動車保険がおすすめです。
申し込みをしてから最短1日で保険が有効になりますし、24時間いつでも契約手続きをすることができるのが魅力です。
代理店型自動車保険の場合はセールスと会ったり、書類を手渡すためのスケジュール調整をするなど、自分の時間がとられてしまい、わずらわしさを感じる人もいます。

しかし、通販型の場合は、仕事の合間や出張の移動時間、帰宅後など、好きな時間に申し込み手続きをすることができますのでおすすめです。
また、「今から申し込みをしたら、いつから保険が開始になるか」ということがはっきりわかりますので、安心して申し込みをすることができます。

このように、通販型自動車保険は保険料が安いことはもちろん、手軽に申し込みができ、次の日には保険が開始されるなどのメリットが多くありますので、自動車保険を検討しているときは、まずは通販型自動車保険を検討してみることをおすすめします。
通販型自動車保険は20社近くあり、どれにしようか迷ってしまうと思いますが、無料で利用できる「自動車保険の一括見積もりサイト(無料)」を使うと、17社の一括見積をとることができ、一番安い保険料の通販型自動車保険が一目でわかるようになっています。
入力は3分で行うことができるので、手間もかかりません。満足できる保険を選ぶためにも、まずは一括見積を利用して、あなたにぴったりの自動車保険を探してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

損してる?安い自動車保険を調べてみよう
私は自動車保険が高くて負担だったので見直しをしました。

自動車保険の一括見積もりで見積もりをしたら、保険料が94500円から63000円にすることができました。

一括見積もりをしただけで31500円も安くなったんです。

利用料は無料。3分の入力時間であなたに合った最安値の自動車保険が分かります

一括見積もりを利用してあなたに合った最安値の自動車保険を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べ見ている(無料)

関連記事

NO IMAGE

自動車保険の車両入替をするための条件は何?3つの条件があります

NO IMAGE

自動車保険の車両入替をする場合の猶予期間って何日?過ぎるとどうなる?

NO IMAGE

自動車保険の契約の流れは?見積もりから契約完了までの手続きを解説

NO IMAGE

自動車保険の中断証明書の発行に必要な書類は何?手続きは?

NO IMAGE

自動車保険の更新を忘れた場合ってどうしたらいいの?等級はどうなるの?

NO IMAGE

自動車保険の満期日が過ぎたらどうしたらいいの?